シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

柳沢慎吾、ハリウッド映画の吹き替えに悪戦苦闘

柳沢慎吾、ハリウッド映画の吹き替えに悪戦苦闘
公開アフレコを行った柳沢慎吾と渡辺直美

 タレントの柳沢慎吾が9日、都内で行われた映画『ピクセル』日本語吹き替え版公開アフレコに、渡辺直美と共に登場した。柳沢は、初めて挑む実写ハリウッド映画の吹き替えに「(テンションを)抑えた演技が難しい」と柳沢らしい悩みを吐露した。

 本作は、『ハリー・ポッター』や『ナイト ミュージアム』シリーズを手掛けたクリス・コロンバス監督によるSFエンターテインメント。地球を侵略しにやって来たパックマンやドンキーコング、ギャラガにスペースインベーダーなど80年代の懐かしのゲームキャラと、それを阻止するべく立ち上がったゲームオタクのオヤジたちの決戦を描く。

 アダム・サンドラー演じる主人公・サムの声を務めた柳沢は、「ハリウッドの方の声をやっているんですよ。すごい気持ちいい」と感激しきり。「キャラがどうかなと思ったんですけど、(アダムは)コメディーもやっていると聞いたので、若干僕に似ているのかなと思った」と役にはまっていることを自負している様子。

 しかし、公開アフレコでは、わずか二言ながら「若干ずれていませんでした?」と不安げな表情を見せると、1シーンで25テイクも撮り直したり、パックマンに見入ったせいで声を出すのを忘れたこともあったりと、スムーズにいかなかったアフレコ現場を振り返る柳沢。「これきっかけでハリウッド進出ありますよ」という渡辺のリップサービスには「日本の警察官の役で出たい」と目を輝かせ、お決まりの警察ネタを披露して会場を沸かせた。

 一方、本人役で出演している世界的に有名なプロテニス選手セリーナ・ウィリアムズの声を担当している渡辺は、テニスウエアをイメージした衣装で登場。セリーナは現在、ウィンブルドン選手権に出場しており、「セリーナさんが優勝してくれればわたしの写真も使われるし、映画の宣伝にもなるのでぜひとも勝ってもらいたい」とエールを送った。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『ピクセル』は9月12日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 9日
  5. 柳沢慎吾、ハリウッド映画の吹き替えに悪戦苦闘