シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

押井守、初主演の清野菜名にラブコール「また一緒にやりたい」

押井守、初主演の清野菜名にラブコール「また一緒にやりたい」
舞台あいさつに登場した押井守監督と清野菜名

 映画『東京無国籍少女』の初日舞台あいさつが25日、都内で行われ、清野菜名、田中日奈子、吉永アユリ、花影香音、押井守監督が出席した。押井監督は映画初主演を務めた清野に、「初主演ということでとても責任を感じたが、最初にやってもらった女優さんは、何となく一生つきまとうもの。この映画は清野でなければできなかった。だからまた、一緒にやりましょう」とねぎらいの言葉を贈った。

 大きなプレッシャーの中、初主演を務めた清野は「渡された台本がすごく薄くて、プロットしか書いてなかったので不安だったのですが、監督から『現場で付け足していくから』と言われ、さらに不安が増した」と吐露。また、押井監督の声量についても触れ、「とにかく声が小さくて、口元を見てなんとか理解していたんですが、現場の空気が悪くマスクをかけて来られたときは何を言っているかわからなかった」と語ると、田中、吉永、花影も声をそろえて同調していた。

 これに対して押井監督は「僕も、ジョークを言っても通用しないし、共通の言葉も見つからないし、この子たちとうまくやっていけるか、とても不安だった」と応酬。「でも、緊張感を持って現場に入ることができたので、『不安』を感じるということは悪くない」とタジタジになりながらも監督としての威厳を見せていた。

 それでも最後は「現場を通して監督のことが大好きになった」という清野。「自分の役について、シーンごとに監督と確認し合いながらできたのは、『主演』という立場のおかげなのかなと思いますが、役を理解した上で演技に臨めたことが自信につながった」と感謝しきり。「また別の作品でもご一緒したい」とラブコールを送っていた。

 本作は、女子美術高等専門学校を舞台に、心に闇を抱えた少女の憂鬱(ゆううつ)な日常とそれが崩壊する瞬間を過激に描く衝撃のサスペンス。同級生(田中、吉永、花影)から壮絶ないじめに遭う主人公・藍を、『TOKYO TRIBE』などで注目される清野が熱演。血まみれになりながら切れ味鋭いアクションを披露している。(取材:坂田正樹)

映画『東京無国籍少女』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 25日
  5. 押井守、初主演の清野菜名にラブコール「また一緒にやりたい」