シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

マーベル映画『アントマン』がV2!パックマン、ドンキーコングら共演の『ピクセル』は2位デビュー【全米ボックスオフィス考】(1/2)

マーベル映画『アントマン』がV2!パックマン、ドンキーコングら共演の『ピクセル』は2位デビュー
小っさいけどV2! - 映画『アントマン』アベンジャーズとのコラボポスター(マイティー・ソー編) - (C) Marvel 2015

 先週末(7月24日~7月26日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、初登場の『ピクセル』を抑え、公開2週目となるマーベル映画『アントマン』が興行収入2,490万9,332ドル(約29億8,911万9,840円)で首位の座を守った。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル120円計算)

 『ピクセル』は、パックマンやドンキーコングなど1980年代に日本で生まれた名作ゲームのキャラクターにふんして地球侵略を開始したエイリアンと、それを阻止するべく立ち上がったゲームオタクのオヤジたちの攻防を描いたアダム・サンドラー主演のアドベンチャー。懐かしさと新しさの融合で幅広い世代の観客を集めることが期待されたが、公開1週目にもかかわらず興収2,401万1,616ドル(約28億8,139万3,920円)しか上げられずに2位となってしまった。監督は『ハリー・ポッターと賢者の石』などのクリス・コロンバス。

 5位には、『トレーニング デイ』のアントワーン・フークア監督の新作ドラマ『サウスポー(原題) / Southpaw』が1,670万1,294ドル(約20億415万5,280円)という予想を上回る興収を稼ぎ出し初登場。妻(レイチェル・マクアダムス)を悲劇的な事故で亡くしたボクサー(ジェイク・ギレンホール)が、引き離された娘と共に暮らすために再びリングに上がる姿を描く。ジェイクがボクサー役を務めるべく、大幅な肉体改造を行ったことでも話題の作品だ。

 一方、同じく初登場の『ペーパー・タウンズ(原題) / Paper Towns』は興収1,265万140ドル(約15億1,801万6,800円)で6位に。ティーンから絶大な支持を獲得し、全米ボックスオフィスランキングで初登場1位を記録した『きっと、星のせいじゃない。』と同じ原作者の作品だっただけに、期待外れの結果となってしまった。キャストは、『きっと、星のせいじゃない。』にも出演したナット・ウルフや、人気モデルのカーラ・デルヴィーニュなど。

『ピクセル』
襲い来るパックマン - 映画『ピクセル』より

 また、公開7週目となる『ジュラシック・ワールド』の累計興収は6億2,408万3,950ドル(約748億9,007万4,000円)に達し、『アベンジャーズ』(2012)を抜いて歴代興収ランキング3位に躍り出た。2位の『タイタニック』(1997)(最終興収6億5,867万2,302ドル・約790億4,067万6,240円)を上回るのも時間も問題といえるだろう。続編の全米公開日も2018年6月22日と決まっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 28日
  5. マーベル映画『アントマン』がV2!パックマン、ドンキーコングら共演の『ピクセル』は2位デビュー