シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

有村架純、連ドラ初主演で女を意識することをやめた

有村架純、連ドラ初主演で女を意識することをやめた
潜航服に着替えた有村架純

 女優の有村架純が31日、初主演する連続ドラマ「海に降る」の記者会見をJAMSTEC(海洋研究開発機構)横須賀本部で行い、本ドラマに携わることで「視野が広がった」と女優として一皮むけた体験をうれしそうに語った。

 作家・朱野帰子の同名小説が原作の本ドラマは、海洋科学に関する研究機関JAMSTECを舞台にしたヒューマンドラマ。有村は有人潜水調査船「しんかい6500」の日本人初となる女性パイロット・深雪を演じ、亡き父の遺志を受け継ぎ奮闘する主人公・深雪の姿が描かれる。

 連続ドラマ初主演に「すごく不安もあった」という有村だが、好きな映画『アルマゲドン』と「JAMSTECの日本や世界の未来を背負っているところが(映画の内容と)似ているので、自分の中で燃えるような気持ちが湧き上がってきた」と撮影を振り返る。

 また、役柄を「負けず嫌いで勝気。男社会の中で立っていたいという思いがあり、女子扱いされたくない」と分析し、「女ということを意識するのをやめ、メイクもしなかったし髪の毛も整えることなく、外見を気にしない」役づくりを行ったという。撮影現場では「(深雪のように)みんなに甘えることなく立っていられたらいいなと思っていたんですけど、助けられっぱなし」だったそうで、「温かいスタッフさんのおかげで最後まで乗り切ることができたと思います」と感謝した。

 有村は実際に「しんかい6500」に乗り、「大人3人しか乗れないくらい小さな空間で、深海までの8時間を過ごすことに圧迫感や閉鎖感で恐怖も感じた」と本音をこぼすと、撮影中は専門用語に四苦八苦したことも明かし、これまで知り得なかった世界を知ることができたと充実感と喜びを表していた。

 フォトセッションでは潜航服に着替えて再登場した有村。マリアナ海溝から1か月ぶりに帰港したばかりの「しんかい6500」の前で写真撮影も行われた。会見には山本剛義監督やJAMSTECの代表職員らも出席した。(取材・文:鶴見菜美子)

「連続ドラマW 海に降る」は10月10日からWOWOWで放送開始(毎週土曜よる10時~、全6話・第1話無料放送)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 31日
  5. 有村架純、連ドラ初主演で女を意識することをやめた