シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

忽那汐里、オードリー・ヘプバーンのよう!美しい成長をカンヌ受賞の名匠が絶賛!

忽那汐里、オードリー・ヘプバーンのよう!美しい成長をカンヌ受賞の名匠が絶賛!
美しい変貌に名匠もびっくり! 忽那汐里

 第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門の監督賞に輝いた、台湾の名匠、ホウ・シャオシェン監督の新作『黒衣の刺客』記者会見が3日、都内で行われ、ホウ監督と女優の忽那汐里が出席した。撮影から公開までに5年ほどの月日が経っているといい、ホウ監督が忽那と会うのも久々。ホウ監督は「ずいぶん変わったね。キレイになった。オードリー・ヘプバーンみたいだ」と忽那の美しい成長ぶりに驚きを隠せない様子だった。

 ホウ監督8年ぶりの新作となる本作は、唐代の中国を舞台に、数奇な運命に翻弄(ほんろう)される女刺客(スー・チー)の悲しい宿命を描いたアクション時代劇。妻夫木聡が窮地に追い込まれたヒロインを助ける日本人青年を演じており、忽那はその青年の妻役を務めた。

 忽那が出演する回想シーンはインターナショナルバージョンでは割愛されていたが、オリジナル・ディレクターズカット版が上映される日本公開にあたって、ホウ監督たっての希望で戻されることに。オーディションで会った忽那の印象について、ホウ監督は「非常に理解力のある人。映画に向いている。賢い人だなと思ったのを覚えている」と述懐した。

002
再会を喜ぶホウ・シャオシェン監督と忽那汐里

 一方の忽那は、本作で外国映画に初出演。「現場は、台本がない中で撮影が行われ、日々思いがけない変更が出るなど本当に刺激的な毎日でした。ホウ監督チームの方たちとお仕事ができて、いい経験をさせていただきました」と貴重な経験を振り返った。

 「映画では役者が一番大事だ」とこだわりを示すホウ監督は、妻夫木についても「彼しか(その役に)考えていなかったです。感情の深い人がいいと思った。現場のスタッフもみんな彼のことが好きで、人気者だったよ」と称賛。そこで、「忽那さんが、彼のことを好きかどうかはわからないけど……」と続けたホウ監督に水を向けられた忽那は「もちろん(好き)ですよ!」と元気に応じてみせ、会場の笑いを誘った。(福住佐知子)

映画『黒衣の刺客』は9月12日より新宿ピカデリーほかにて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 3日
  5. 忽那汐里、オードリー・ヘプバーンのよう!美しい成長をカンヌ受賞の名匠が絶賛!