シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

こじはる、有吉弘行の毒舌に終始タジタジ

こじはる、有吉弘行の毒舌に終始タジタジ
公開アフレコイベントに登場した有吉弘行と小嶋陽菜

 有吉弘行が4日、都内で行われた映画『テッド2』日本語吹き替え公開アフレコイベントにAKB48の小嶋陽菜と出席した。本作で前作に引き続き、主人公テッドの声を担当する有吉は、集まった大勢のマスコミを前に公開アフレコを行ったが、途中「テッドもふもふファンクラブ代表」の小嶋が花束ならぬ、“熊束”を手にサプライズ登場すると、「いつもはむくんでいるのに、今日は調整してきましたね。随分エロくなられましたね」と話して小嶋を照れさせた。

 この日、テッドの妻タミ・リンの劇中衣装である赤いエプロン姿で登場した小嶋。有吉の公開アフレコ後、テッド吹き替え続投を祝うために壇上に上がると、有吉の吹き替えに「感動しました。テッドと一緒にいるような気分になりました」とコメント。すり寄るように機嫌を取ろうとしたが、有吉からは「絵に描いたようなコメントだな」と突き放され、その後は毒舌の餌食に。「(完成した)吹き替えも観ました」と報告するも、「頭悪くて字幕は観られないですもんね」といじられるなど、終始タジタジの様子だった。

 また、PR用の公開アフレコに挑戦した有吉は、「もう終わったこと。気合も入らないです」とやる気はいまひとつだったが、テッド役の続投については「(前作の)ヒットは意外。クソみたいにつぶれていくような映画だと思っていたのに。勝ち馬に乗れた気分」とうれしそうな表情で、「続編もヒットすればまた続投でお金が入ってきます」とにんまり。本番の収録については「相変わらず大変。やっぱり厳しいんですよ。慣れないことやると監督に怒られたりして、ずっとイライラしながらやっていました」と苦笑いを浮かべていた。

 本作は命を宿したテディベアのテッドと親友のジョンが巻き起こす騒動を描いた、大ヒットコメディーのシリーズ第2弾。8月28日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開。(取材・文:名鹿祥史)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 4日
  5. こじはる、有吉弘行の毒舌に終始タジタジ