シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ミッション:インポッシブル』新作が初登場1位!トム・クルーズ史上歴代3位の好成績【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『ミッション:インポッシブル』新作が初登場1位!トム・クルーズ史上歴代3位の好成績
これCGじゃないんです! - 映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ポスタービジュアル - (c) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

 先週末(7月31日~8月2日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、トム・クルーズ主演の大ヒットシリーズ第5弾『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が興行収入5,552万89ドル(約66億6,241万680円)を記録し首位デビューを果たした。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル120円計算)

 トムふんする敏腕スパイ・イーサンの活躍を、1作ごとに監督を変えて描いてきた本シリーズ。シリーズを通して毎回危険なアクションに挑んできたトムは、本作では地上約1,524メートルの高さを時速400キロで飛ぶ軍用飛行機のドア外部に身一つでしがみつくという驚きのスタントをこなしている。メガホンを取ったのは、『ワルキューレ』(2008)以降、『アウトロー』(2012)、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)など脚本家/監督としてトムと何度もタッグを組んできたクリストファー・マッカリーだ。

 トムの主演作としては、『宇宙戦争』(2005)、『M:I-2』(2000)に続き歴代3位のオープニング興収を記録した。7月はアーノルド・シュワルツェネッガー主演の『ターミネーター:新起動/ジェニシス』、アダム・サンドラー主演の『ピクセル』と映画スター主演作の苦戦が続いていただけに、トムの人気、そして『ミッション:インポッシブル』シリーズの強さをあらためて証明した形だ。脚本家の評価も高く、すでに第6弾の製作も決定している。

 2位には、家族旅行に出た平凡な一家に次から次へと災難が降り掛かるさまを描くコメディー『ホリデーロード4000キロ』シリーズ最新作『バケーション(原題) / Vacation』が興収1,468万1,108ドル(約17億6,173万2,960円)を上げ初登場。一家の息子ラスティが成長して家族を持ち、彼が幼い頃の記憶を頼りに家族旅行に出掛けるさまをつづる。ラスティを『ハングオーバー! 』シリーズのエド・ヘルムズが演じ、『モンスター上司』の脚本家ジョン・フランシス・デイリー&ジョナサン・ゴールドスタインが監督と脚本を担当した。

 また、4館での限定公開ながら、ジェイソン・シーゲルとジェシー・アイゼンバーグが共演した『ジ・エンド・オブ・ザ・ツアー(原題)/ The End of the Tour』が27位にランクイン。ローリングストーン誌の記者の回想録を基に、彼(ジェシー)と、取材対象だった作家デヴィッド・フォスター・ウォレスさん(ジェイソン)の5日間を追ったドラマだ。1館あたり3万810ドル(約369万7,200円)を稼ぎ出すヒットとなっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 4日
  5. 『ミッション:インポッシブル』新作が初登場1位!トム・クルーズ史上歴代3位の好成績