シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

馬場良馬、チャラい役も“原点回帰”で難なくクリア

馬場良馬、チャラい役も“原点回帰”で難なくクリア
『青春ディスカバリ -フィルム-いつだって青春編-』初日舞台あいさつに登壇した鈴木拡樹(左)と馬場良馬

 俳優の馬場良馬が8日、ショートムービーシリーズ『青春ディスカバリ -フィルム-いつだって青春編-』初日舞台あいさつに鈴木拡樹と共に出席した。本作でチャラい刑事を演じた馬場は、役づくりの結果、「一周回って原点に返った」そうで、素のおバカキャラ全開で役に身を投じたことを明かし、会場を沸かせた。

 本作は、新進気鋭の監督と若手俳優による“青春”をテーマにしたショートムービープロジェクト『青春ディスカバリーフィルム』から生み出された4つの物語を一挙公開するというもの。馬場は新感覚の刑事物語『張り込みメシ』(城定秀夫監督)、鈴木は埋葬屋をテーマにした切ない青春劇『なんでも埋葬屋望月』(いまおかしんじ監督)に主演する。

 個性派俳優の波岡一喜と二人芝居に挑戦した馬場は、「エリートで堅物な(波岡演じる)鮫島をどれだけかき乱せるかを考えました」と、役作りについて真面目に語り出すものの、結局は「いつものバカ良馬でいれば必然的に(僕が演じる)中村の軽さが出るんじゃないかなと思いました」とぶっちゃけ。「普段の馬場良馬をどれだけお芝居として成立させられるかを意識しました」ともっともらしいコメントも加えて、笑いを誘った。

 一方、子供っぽさが残る望月役を演じた鈴木は、「自分が持っていない子供っぽさを出せたらなと思い、木の棒で(地面を)カサカサやりながら歩いたり、暇があれば何かで遊んだりしました」と可愛い役づくりを披露し、ファンのハートをくすぐった。

 この日は、鈴木がどんな悩みもぶった切るというお悩み相談も実施。「この時期は撮影場面がつながらないほど、すぐに日に焼けてしまう」と嘆く馬場に、鈴木は「先に日サロに行けばいい」とピシャリ。馬場は「ビフォアー・アフターだからメイクさんに怒られるんだよね。最初から焼いていればアフター・アフターだもんね」と、その斬新な回答に思わず納得。さらに馬場は「30歳を超えて無駄な若さアピールをしたくなるんですが、若さを保つ秘訣はなんですか?」と質問。鈴木は「コラーゲンだよね。なりふりかまっていられないから錠剤を飲もう」とズバリ答えると、会場は爆笑と盛大な拍手に包まれた。(取材・文:鶴見菜美子)

ショートムービーシリーズ『青春ディスカバリーフィルム~いつだって青春編~』はシネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 9日
  5. 馬場良馬、チャラい役も“原点回帰”で難なくクリア