シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ドイツ、“フードポルノ”で処罰の可能性 料理写真の無断SNS掲載はNG?

ドイツ、“フードポルノ”で処罰の可能性 料理写真の無断SNS掲載はNG?
SNSに掲載する前にちょっと待って! - Max Morse / WireImage / Getty Image

 TwitterやInstgramなどのSNSで、「#foodporn」(フードポルノ)の言葉を検索すると、おいしそうな食べ物の画像を次々に見つけることができる。「フードポルノ」とは、空腹感を誘発するような料理の画像をインターネット上にアップする行為。海外セレブのSNSや、日本でも飲食店で料理を撮影する人々も散見されるが、ドイツでは料理の写真を撮って無断でSNSに掲載すると違法行為で処罰される可能性があると話題になっている。

 13日、ドイツの DIE WELT は、ドイツでは2013年の裁判で料理もシェフの美術作品であり、著作権が認められたという判例と共に、法律家の「レストランの高級な料理については著作物と認められうる」というコメントを掲載。この記事はさまざまなところで拡散されており、飲食店で料理を撮影することについての関心の高さがうかがえる。The Local は、まだシェフによって訴えられたことはないとしつつも、遅かれ早かれ訴訟問題が起こる可能性があると警告。またレストラン側は顧客に撮影を禁止することができるという見方もあるという。

 anwalt.de によると、「もしもあなたが完全に安全な立場でいたいならば、シェフやオーナーに尋ねるべきでしょう」とのこと。旅行でドイツに行くときだけではなく、無断で写真をSNSに掲載する行為は、問題の引き金になる可能性をはらんでいることを頭に入れておきたい。(編集部・井本早紀)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 18日
  5. ドイツ、“フードポルノ”で処罰の可能性 料理写真の無断SNS掲載はNG?