シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『レナードの朝』原作者の神経科医オリヴァー・サックスさん死去

『レナードの朝』原作者の神経科医オリヴァー・サックスさん死去
『レナードの朝』原作者オリヴァー・サックスさん(写真は2008年に撮影されたもの) - Thos Robinson / Getty Images for World Science Festiva

 映画『レナードの朝』の原作者としても知られる神経科医オリヴァー・サックスさんが現地時間30日、ニューヨークの自宅で亡くなったと The New York Times など複数のメディアが報じた。82歳だった。

 同サイトによると、サックスさんの死因はがんであったという。サックスさんは今年2月に、悪性皮膚がんの一つとされる悪性黒色腫(メラノーマ)を片目に患い、片目の視力を失っていたことを発表。その後、がんは肝臓に転移し、末期の状態であると診断されていたそうだ。

 ロンドン生まれのサックスさんは、オックスフォード大学を卒業後に渡米。神経科医として診療を行いながら、その経験を生かし作家として数多くの著書を執筆した。代表作には「妻を帽子とまちがえた男」「火星の人類学者」などが挙げられる。中でも、医師と重症患者の交流を描いた「レナードの朝」は故ロビン・ウィリアムズさんが医師役、ロバート・デ・ニーロが重症患者のレナード役で映画化。同作は第63回アカデミー賞作品賞などにノミネートされたことで、話題となった。(編集部・石神恵美子)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 31日
  5. 『レナードの朝』原作者の神経科医オリヴァー・サックスさん死去