シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

パパラッチを殴って逮捕された『アバター』サム・ワーシントンの示談が成立

パパラッチを殴って逮捕された『アバター』サム・ワーシントンの示談が成立
だって、恋人の脚を蹴ったんだもん。 サム・ワーシントン - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

 昨年、パパラッチのシェン・リーを殴り、1,000万ドル(約12億円)の訴訟を突き付けられていた映画『アバター』の主演俳優サム・ワーシントンが、示談に応じたとNYPOST.comなどが報じた。(1ドル120円計算)

 サムは2014年2月23日の夜に、恋人でモデルのララ・ビングルとグリニッチビレッジにあるバーを出たところ、リーの顔を殴って逮捕。サムは、リーがララのすねを蹴ったため、殴ったと主張をし、リーも同時に暴行容疑で逮捕されている。

 昨年5月に行われた刑事裁判でサムは司法取引に応じ、禁錮刑を免れているが、リーは肩の損傷、顔面打撲、親指と手首にケガを負ったと主張し、民事裁判を起こしていた。この件については9月8日(現地時間)にマンハッタン連邦裁判所で陪審員裁判がスタートする予定だったが、その5日前に示談が成立したという。示談の詳細は公表されていない。(澤田理沙)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 9月
  4. 8日
  5. パパラッチを殴って逮捕された『アバター』サム・ワーシントンの示談が成立