シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

第23回:『イヴの総て』(1950年)監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ 出演:ベティ・デイヴィス、アン・バクスター【名画プレイバック】(1/3)

第23回:『イヴの総て』(1950年)監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ 出演:ベティ・デイヴィス、アン・バクスター
サラ・シドンズ賞を受賞した新人イヴ(アン・バクスター・右)に、ベテラン・マーゴ(ベティ・デイヴィス・左)が投げ掛けるセリフが印象的 - (C)Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest /ゲッティイメージズ

 当連載では、アカデミー賞を筆頭に権威ある国際映画祭の受賞作を取り上げることが多いが、賞はあくまでもひとつの指標であり、当然のことながら受賞が全てではない。改めて、そのことを考えさせられるジョセフ・L・マンキウィッツ監督作『イヴの総て』(1950)は、ベティ・デイヴィス、アン・バクスターからマリリン・モンローまで、当時の新旧女優が華やかに共演する業界内幕もの。アワードの権威を辛辣に揶揄した内容ながら、アカデミー賞では作品賞、監督賞ほか6冠に輝くという、痛烈な皮肉を生んだ逸品だ。(今祥枝)

 映画は、米演劇界最高の栄誉とされる架空のサラ・シドンズ賞(現在は同名の賞が存在する)が、新進女優イヴ・ハリントン(アン・バクスター)に贈られる授賞式のシーンから始まる。満場の拍手に沸く華やかな雰囲気とは裏腹に、イヴに関わった人々は、なんとも複雑で浮かない顔だ。果たして、イヴの受賞の裏には何があったのか? さかのぼって8か月前、いつもマーゴが出演する劇場の楽屋口で見かける田舎から出てきたという若い娘イヴが、大女優マーゴ・チャニング(ベティ・デイヴィス)に出会うシーン。マーゴの親友で、劇作家ロイド・リチャーズ(ヒュー・マーロウ)の妻カレン(セレステ・ホルム)が好意で引き合わせたのだが、ここでイヴが語る身上話が大層哀れを誘い、トントン拍子でマーゴの付き人になる。

 誰しも自分の崇拝者の存在は嬉しいものだろう。実力派としての地位を確立しているマーゴにしても、年下の恋人がいて公私ともに順風満帆に見えるが、40歳になって不安を感じている。いまだ現実問題としてハリウッドにおける女優の年齢、特に40歳の壁は大きいとされていることを考えると、何も変わっていないなあとも思ってしまう。そんなときに、自分の舞台を全て観ていると目を輝かせる若い田舎娘の存在に味方を得た思いで、目をかけてやろうという気になるのは理解できる。この時点では圧倒的にマーゴが優位な立場なのだが、スタート地点に着いたイヴが、どうのし上がっていくのか、何をしでかしてくれるのかと、観客はゴシッピィなワクワク感を覚えるに違いない。

 まめまめしく働き、献身的。だが、イヴは気が利きすぎる。情緒不安定なマーゴのために、勝手に遠くにいるマーゴの恋人ビル(ゲイリー・メリル)と連絡を取っていたりして、はたから見れば“いい子”なのだが、当のマーゴからすれば嫌な感じは日々増すばかり。やがて、イヴの売り込みは成功し、舞台に立つチャンスを得てからは、どんどん本性を現していく。いやあ、女って怖いですね~という感じ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 9月
  4. 18日
  5. 第23回:『イヴの総て』(1950年)監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ 出演:ベティ・デイヴィス、アン・バクスター