シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

私的スター・ウォーズ宣言【Part1】スター・ウォーズ愛を語る【スター・ウォーズ特集】(1/3)

私的スター・ウォーズ宣言【Part1】スター・ウォーズ愛を語る
スター・ウォーズ愛が止まらない!! - Lucasfilm Ltd. / Twentieth Century Fox Film Corp. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 世界中が最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開を今か今かと待ちわびています。主要キャストは発表されましたが、ストーリーの全貌はいまだ謎のまま。何でもいいから情報が欲しいのがファン心理というもの。こうなったら、お互いのスター・ウォーズ愛を語り合うしかない! ということで、映画ライターの皆さんに、私的なスター・ウォーズ愛を語ってもらいました。

画像テキスト
誰もが宇宙を冒険したくなったはず! Michael Ochs Archives / Getty Images

【くれい響/映画ライター】

 全米公開から日本公開までの約1年に『宇宙からのメッセージ』『惑星大戦争』、さらに『フレッシュ・ゴードン』まで、亜流&類似作を劇場でキッチリ予習していたおませな小1時代。謎の上映方式「D-150(ディメンション150)」で上映された新宿プラザで観たエピソード4は、予習していた3本と異なり、スクリーンに映るもの全てがキラキラしたことを覚えている。

 当時関連グッズがあまりなかったこともあり、ライトサーベルとリモコンで動くR2-D2を買った程度だったが、その後の数年、小遣いとお年玉などをブッ込むほど力を注いだのは、いかに「本編」を手に入れるかということだった「ほぼラジオドラマ」なレコード「スター・ウォーズ・ストーリー 日本語版」だけではモノ足りず、ついには2万円ほどで東映から発売されていた「8ミリ(映画劇場)」に手を出してしまう。たった19分という異常なテンポの展開に魅了されるも、最終的にはサントラ・マニアのメッカとして、やたらと敷居が高かった渋谷の輸入レコード店「すみや」の門を叩くことに……。店頭予約の末、数か月後に当時2万8,000円という高額だった北米版ビデオテープ(しかも、ベータ!)を手にしたときのやり尽くした感。ネットでサクッと買える時代では味わえない重みを感じると同時に、財布の中は軽くなり、それ以降、かなり冷静にグッズや作品と向き合えるようになりました。

■プロフィール
1971年生まれ。東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝し、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部を経て、映画評論家に。『スター・ウォーズ』を『星球大戦』と表記するエンタメの極致・香港愛が高じて、地元紙「香港ポスト」では10年以上にわたって、カルチャーコラムを連載中。そのほか、映画やCDでAKB48のオフィシャルを担当するなど、ライターとしても多岐にわたって活動中。

画像テキスト
まさかの展開が……! Lucasfilm Ltd. / Twentieth Century Fox Film Corp. / Photofest / ゲッティ イメージズ

【なかざわひでゆき/映画ライター】

 エピソード4の日本公開時に小4だった筆者は、恐らくギリギリ最年少のSW世代。ところが、封切りの3か月前に父親の仕事で一家は国外へ引越し、しかも行き先は『スター・ウォーズ』が上映される可能性などほぼゼロに等しいソ連時代のロシアということで、実は『新たなる希望』を当時映画館では見ておりません。日本から送られてくる雑誌や新聞の評判と噂ばかりを目にし、自分だって見たいのに! という欲求不満で悶々としていた筆者。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 9月
  4. 23日
  5. 私的スター・ウォーズ宣言【Part1】スター・ウォーズ愛を語る