シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

第24回『ウエディング』(1978年)監督:ロバート・アルトマン 出演:キャロル・バーネット【名画プレイバック】(1/2)

第24回『ウエディング』(1978年)監督:ロバート・アルトマン 出演:キャロル・バーネット
左よりキャロル・バーネット、ポール・ドゥーリイ、ミア・ファロー、デニス・クリストファー、エイミー・ストライカー - (C)Twentieth Century Fox Film Corp. / Photofest / ゲッティイメージズ

 『M★A★S★H マッシュ』(1970)、『ロング・グッドバイ』(1973)、『ナッシュビル』(1975)、1990年代以降なら『ザ・プレイヤー』(1992)や『ゴスフォード・パーク』(2001)。傑作を何本も遺したロバート・アルトマンだが、間もなく10月3日から公開されるドキュメンタリー『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』の試写を観たとき、久々にもう一度見直したくなったのは、この『ウエディング』(1978)だった。(冨永由紀)

 アルトマンは1977年、前作『三人の女』の撮影中に受けた取材で次作について聞かれ、「結婚式を撮るんだよ」と口からでまかせを答えたが、案外それはいいアイデアだと思い直して着手したのが本作だ。アメリカ中西部の裕福な家族同士による盛大な結婚式と披露宴、そこで起こるハプニングの数々を描く24時間の物語。群像劇の名人・アルトマンが、いくつものエピソードを並行させる得意の手法で人間の本性を暴いていく風刺コメディーだ。

 披露宴をとりしきるウエディング・プランナーと一部始終を映像に収めるために雇われた撮影隊も含めて、登場人物は48人! 最初は誰が誰とどういう関係なのかも、見ていてなかなかつかめない。登場人物たちはそんなことお構いなしに、教会から披露宴会場である新郎家の豪邸になだれ込み、親族同士でぶっちゃけトークを始め、プライドの高い金持ちらしい意地の張り合いや駆け引きを繰り広げる。そんな中、屋敷の二階では、花婿の高齢で寝たきりだった祖母が披露宴開始を待たずに息を引き取っていた。この事実はその瞬間に居合わせた看護師とプランナー、事態を知らされた侍従とファミリー・ドクターだけが胸に留め、めでたい日を滞りなく終えようとするが……というエピソードが基調といえば基調。だが、畳みかけるように次々といろいろなことが起きていく。

 楚々(そそ)とした花嫁が誓いの言葉を口にして満面の笑みを浮かべると、歯列矯正のブレースが見える。豪勢なパーティーを用意したものの、集まったのは親族ばかりで招待客はただ1人。そんな気まずいディテールを積み重ね、不倫や同性愛、人目を忍ぶ身分違いの恋、隠れドラッグ中毒……上流社会においては“なかったこと”にされがちだが、実は確実に“あるある”な事柄が続出する。その中から花嫁の実家ブレンナー家が運送業で叩き上げのケンタッキーの成金であること、花婿の父は、イリノイの名家であるスローン家の娘と結婚して婿状態のイタリア人であることなどが徐々に見えてくる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 9月
  4. 25日
  5. 第24回『ウエディング』(1978年)監督:ロバート・アルトマン 出演:キャロル・バーネット