シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ビートたけし、13年ぶりに「浅草キッド」を生熱唱!

ビートたけし、13年ぶりに「浅草キッド」を生熱唱!
たけしの「笑い」の原点、浅草で披露!

 ビートたけしが22日、浅草公会堂で行われた「第8回したまちコメディ映画祭in台東」のクロージングセレモニー「ビートたけしリスペクトライブ」に登場し、約13年ぶりに自身の代表曲「浅草キッド」を生歌で披露した。

 長年テレビや映画で活躍し「笑い」で多くの人々に喜びを与えた人を表彰する「コメディ栄誉賞」の今年の受賞者に選ばれたたけしは、「リスペクトライブ」の大トリを務めた。同曲は、たけしが浅草での下積み時代を回想して作詞・作曲したバラード調の曲。ロックバンド、サンボマスターの演奏をバックにたけしが熱唱すると、約1,000人の観客で満員の会場からは「お帰り~」「ありがとう!」などの声援と共に大きな拍手が湧き起こった。

 受賞の感想を聞かれたたけしは「大学をクビになってやることがなくて浅草にたどり着いたんだけど、浅草のいろいろな場所で煮込み屋とかの隣のお客が金のないときに飲ませてくれて」と振り返り、「そんなふうにして、浅草の芸人として死んでいければいいやと思っていた。ここが自分の原点。今日来てくれたお客さんに対しても共通の気持ちです」と照れながら謝辞を述べた。

 「ビートたけしリスペクトライブ」では、浅草ジンタ、ポカスカジャン、海藻姉妹、ホフディラン、サンボマスターが、それぞれたけしへの敬意を示したパフォーマンスを展開。セレモニーの最後には「浅草キッド」をもう一度観客と出演者全員で大合唱し、感動のフィナーレに。映画祭総合プロデューサーのいとうせいこうは「日本のコメディー史に残る一日」と興奮気味に呼び掛けた。たけしはこの日、自身の監督・出演作『菊次郎の夏』(1999)の上映会舞台あいさつにも登壇。下積み時代を過ごした、浅草フランス座演芸場東洋館の舞台に立った。(取材・文:岸田智)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 9月
  4. 24日
  5. ビートたけし、13年ぶりに「浅草キッド」を生熱唱!