シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ARIA』オリジナルキャストが約7年ぶりに勢ぞろい!

『ARIA』オリジナルキャストが約7年ぶりに勢ぞろい!
後列左から、皆川純子、大原さやか、西村ちなみ、前列左から広橋涼、斎藤千和、葉月絵理乃、佐藤順一監督

 26日、新宿ピカデリーで行われた『ARIA The AVVENIRE』初日舞台あいさつに、葉月絵理乃、斎藤千和、広橋涼、大原さやか、西村ちなみ、皆川純子、佐藤順一監督が来場。司会者によると、このオリジナルキャストが公の場にそろうのはOVA「ARIA The OVA~ARIETTA~」のイベント以来、約7年ぶりとのことでファン感激の舞台あいさつとなった。

 水の惑星アクアの観光都市ネオ・ヴェネツィアで、水先案内人として働く女性の絆を描き出した天野こずえのコミック「ARIA」は、2005年から2008年にかけてテレビシリーズ、オリジナルビデオと展開し、人気を博した。そしてテレビアニメ第1弾から10年目を迎える今年、オリジナルキャスト、スタッフが集結し、新作アニメーションを制作。待望の劇場公開ということで、会場には大勢の観客が集まった。

 「『ARIA』の仲間たちはわたしも含めてよく泣きます」と広橋が語る通り、この日のキャスト陣は「今日は泣かない!」と宣言しながらも、折に触れて感極まり涙をこらえることもしばしば。しかし大原はアフレコを振り返り、「『ARIA』の収録は、テストの時に音楽を流して雰囲気に浸りながらやるものなのに、今回、佐藤監督はその期待を裏切って音楽を流さなかったんです」とふくれっ面。

 それに対して「きっと泣くだろうと思ったから、あえて流さなかった」と弁明する佐藤監督だったが、「そこまで言うならと思い、テストの時に音楽を流してみたら、みんな泣き出してグスングスンと。あなたたちはいいかもしれないけど、音響チームは大変なんですから」とボヤいてみせて会場は大笑い。しかし大原は「でも後悔はしていない!」と満足げな表情を見せて、会場をさらに沸かせた。

 最後に斎藤が「ここにはなくなってしまったものが残っている。詳しくは言わないけれど、ここに来れば大好きな人に会えるの。ここにはわたしの大好きなものがたくさん詰まっています。だから皆さんもまた会いに来てください」と観客に呼び掛けると、観客は万雷の拍手をもってその思いに応えていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ARIA The AVVENIRE』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 9月
  4. 26日
  5. 『ARIA』オリジナルキャストが約7年ぶりに勢ぞろい!