シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

竹野内豊、西田敏行の「釣りはあんまり好きじゃない」発言を暴露!

竹野内豊、西田敏行の「釣りはあんまり好きじゃない」発言を暴露!
富山県新湊でのロケを振り返った出演者たち(左から)竹野内豊、江口洋介、西田敏行

 俳優の竹野内豊が1日、都内で行われた映画『人生の約束』完成報告会見に登壇し、初共演となる江口洋介や西田敏行との富山県新湊でのロケエピソードを披露した。会見には江口や西田、松坂桃李、優香、高橋ひかる、柄本明、石橋冠監督も出席した。

 テレビドラマ「池中玄太」シリーズなどの石橋監督が映画監督デビューを果たした本作は、仕事一筋のIT関連企業のCEO中原祐馬(竹野内)が親友の故郷・富山県新湊を訪れ、親友が死の直前まで参加を切望していた江戸時代から続く「新湊曳山まつり」に関わり、住民たちと触れ合ううちに再生していくさまを描く。

 竹野内と江口が初共演した本作。漁師役のために役者人生初の角刈り姿で富山弁にも挑戦した江口について竹野内は、「江口さんとは初めてですが、先に現場に入られていたので、一緒に飲みに連れていってもらったり、釣りにも誘っていただいて。(新湊に)行ってみると地元の人の中に溶け込んでいて全くわからなかった。すっかり地元の漁師にしか見えなかった」と江口の溶け込み具合に驚いたことを明かした。

 さらに竹野内が、「西田さんも一緒に釣りをしたのですが、『ぼくは、釣りはあんまり好きじゃないの』とおっしゃっていた言葉が印象的でしたね」と笑顔で暴露すると、すぐに西田が「『演技とは生きることだよ』なんていい言葉を言わなかったっけ」ととぼけて返し、会場を大笑いさせた。

 石橋監督は竹野内について「繊細でナイーブな方なので、演技を強要することはやめようと考え、彼を泳がすことにしました」とあえて演技指導をせず撮影したそうで、「竹ちゃん(竹野内)は大変だったと思うけれど、スリリングで楽しい日々でした」と振り返った。続けて、竹野内と江口の劇中での関係を「水と油」と表現すると、「詩でいうと、竹ちゃんは散文詩、江口くんは韻文詩。二人のシーンは撮っていて楽しかった」と述懐した。

 撮影のメインとなる曳山は、高さ約8メートル、最大重量8トンにもなる巨大な山車。新湊曳山まつりではその曳山を曳くことを「つながる」といい、本作では「つながる」ことが作品を貫く重要なテーマ。竹野内は「つながるという意味がなかなか理解できなくて……いつかきっと深いところで理解できるように人生を終了していきたいなと思ってます」としみじみとコメントしていた。(福住佐知子)

映画『人生の約束』は2016年1月9日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 1日
  5. 竹野内豊、西田敏行の「釣りはあんまり好きじゃない」発言を暴露!