シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

第25回:『欲望という名の電車』(1951年)監督:エリア・カザン 出演:ヴィヴィアン・リー、マーロン・ブランド【名画プレイバック】(1/3)

第25回:『欲望という名の電車』(1951年)監督:エリア・カザン 出演:ヴィヴィアン・リー、マーロン・ブランド
ヴィヴィアン・リーとマーロン・ブランド - (c) Warner Bros./ Photofest / ゲッティイメージズ

 例えば『ダークナイト』(2008)のヒース・レジャーのように、文字通り“魂を削るような演技”に生涯忘れられない衝撃を受けることがある。アメリカを代表する劇作家、テネシー・ウィリアムズの傑作戯曲と、その舞台を映画化した『欲望という名の電車』(1951)のヴィヴィアン・リーは、まさに鬼気迫る演技で主人公ブランチの狂気を体現。まるでリー自身の魂が血を流し、悲鳴をあげ、助けを求めているかのような悲痛さは、あまりにも生々しく、ある意味でトラウマに成り得る激しさである。(今祥枝)

 舞台はニューオーリンズ。南部の落ちぶれた名家出身で、孤独な未亡人ブランチ・デュボア(ヴィヴィアン・リー)。家族を次々と亡くし、看護や葬儀などで財産を使い果たし、家屋敷を失って身一つで、早くに家を出た妹ステラ(キム・ハンター)のもとへ身を寄せる。だが、退役軍人で工場労働者のステラの夫スタンリー・コワルスキー(マーロン・ブランド)は、粗野で荒々しい男。お高くとまったブランチに対して反感を抱き、ブランチもまたスタンリーを嫌う。やがて、ブランチはスタンリーの親友で礼儀正しいミッチ(カール・マルデン)との結婚に望みをかけるが、スタンリーはブランチのスキャンダラスな過去を調べて暴き出す。追い詰められたブランチは、なんとか保っていた精神の均衡を崩壊させてしまう……。
 
 アメリカの中でも独特のカルチャーをはぐくんだ場所ニューオーリンズは、“ジャズの発祥地”としても知られている。冒頭から全体のムードを支配するブルージーなジャズは、気だるく甘美でありながらも不穏な調べ。間もなく大勢の人が行き交う路面電車の乗り場が映り、むせかえるような人いきれと蒸気でベタつくような雑踏の中で、明らかにこの地に異質な女性ブランチが困ったようにたたずんでいる。華奢というよりはやせすぎで、落ち着かなげにあたりを見回す。げっそりと頬がこけ、落ち窪んだ目にぎらりとした異様な光を放つ女性が、『風と共に去りぬ』(1939)のスカーレット・オハラと同一人物とはにわかに信じがたい。

 何か困っているのかと聞かれて、ブランチは言う。

「欲望という名の電車に乗って、墓地に乗り換え、エリジアン・フィールド(極楽)という場所で降りるのだけれど」

 なんという意味深な始まりのセリフだろうか。当時、彼の地には「欲望(Desire)」や「極楽(Elysian Fields)」といった名前の通りがあり、原題の「A Streetcar Named Desire」とは欲望通りを走っていた電車の呼び名。ブランチは「欲望 922号」に乗って、妹が住むフレンチ・クオーターのうらぶれた下町へと降り立つ。もちろんそこは極楽などではない。猥雑で騒々しく、二間しかないステラの狭苦しい家で、何もかもが相いれないスタンリーと出会った瞬間、ブランチの破滅へのカウントダウンが始まるのだった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 2日
  5. 第25回:『欲望という名の電車』(1951年)監督:エリア・カザン 出演:ヴィヴィアン・リー、マーロン・ブランド