シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

人気子役・寺田心、セリフ忘れて無言でキョトン

人気子役・寺田心、セリフ忘れて無言でキョトン
7歳の寺田心くん、73歳のボクなんてピンと来ないよね!

 北野武監督が手掛けた映画『龍三と七人の子分たち』のブルーレイ&DVD発売を記念したイベントが5日、都内で行われた。人気子役の寺田心が、髪をオールバックにしてスーツ姿でばっちり決めて登場。藤竜也が演じた龍三親分にふんした寺田だが、73歳になったときの自分についてコメントを求められると、「なんだっけ?」としばし無言に。セリフを忘れてキョトンとしたかわいらしい寺田に、会場からは笑い声が起きた。

 その後寺田は、「この映画のおじいちゃんたちみたいに俳優さんをやっていたいと思います」と答え、ホッとした様子。また、北野監督の印象を聞かれると、「以前にご一緒させていただいたことがありますが、あまり緊張しないぼくも緊張しました」と振り返った。MCの「それだけオーラがあったわけですね」との質問に、「そうですね」と笑顔を見せた。

 この日、寺田は7人の子役たちと共に「こども応援隊」を結成。劇中のジジイたちの平均年齢は73歳だが、この日出席した子役たちの平均年齢は約7.3歳。寺田は「みんなそれぞれの役柄に気持ちもなりきっています」と子分たちを紹介し、「かっこいいヒーローになれて、僕たちとってもうれしいです。仲間のために一生懸命になれるってかっこいいなあって思います」と続けた。

 最後に、劇中の名台詞「義理も人情もありゃしねえ!!」をきっちり決めた寺田。石倉来透、藤原右成、大智、松田翔生、志保澤泰斗、真部晟凪、斎藤龍音を引き連れて、龍三と七人の子分たちならぬ「チビ龍三と七人の子役たち」でそろって「ジジイ最高!!」と声を上げた。

 超ベテラン俳優たちが個性豊かでどこかチャーミングなジジイを演じた本作は、数多くの個性的な作品を世に送り出してきた北野監督が、ユニークかつ異色の設定で放つコメディータッチのドラマ。高齢化社会や詐欺犯罪といった社会問題も巧みに盛り込まれている。(取材・文:福住佐知子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 5日
  5. 人気子役・寺田心、セリフ忘れて無言でキョトン