シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

内野聖陽、美少女・吉本実憂にいじめの反撃!「絶対S」

内野聖陽、美少女・吉本実憂にいじめの反撃!「絶対S」
翻弄(ほんろう)されっぷりをいじられてきた内野が反撃!

 俳優の内野聖陽と女優の吉本実憂が3日、都内で行われた、映画『罪の余白』の初日舞台あいさつに出席した。本作で吉本演じる女子高生に翻弄(ほんろう)される心理学者を熱演していることから、これまでの舞台あいさつでは、たびたびその翻弄されっぷりをいじられてきた内野だが、この日は撮影を振り返りながら吉本を「絶対S」と口撃。「(吉本は役になりきって)わたしをいじめることで快感を感じていた」と明かして一同を笑わせた。

 本作のオファーをもらったときは、「中年のおじさんが16歳の少女と対決する話だと聞いて、何やら楽しそうだと思った」とすぐに快諾したという内野。だが、作品は楽しさからほど遠いシリアスな作品。カメラリハーサルでは監督が主導して、傷つく心理やプロセスを学ぶために“傷つけるエクササイズ”なるシミュレーションが行われたというが、監督からその場で「内野さん、何で芝居がそんなでかいんですか」と役と全然関係ないことをぶつけられ、メラメラしたと苦笑いで振り返る。

 内野いわく「僕自身はS。いじめるほうが好き」とのことだが、「どこかすごい人にいじめられたいという気持ちもあるので、いじめられたがっているSかな」と自己分析。「演出家を前にするとMっぽくなります」とも明かし、隣で嬉しそうに聞き耳を立てる吉本を「(彼女は)絶対S」と発言し驚かせた。

 吉本もそんな内野の隣で“傷つけるエクササイズ”を振り返ると、「最初は吉本実憂の感情が役に入りすぎていて、(内野を追い込むことに)もやっとした気持ちがあったんですけど、エクササイズを受けるうちに、こうやって傷つくんだとわかってきて、だんだん楽しくなってきた」と告白。プライベートでは“S”か“M”かの質問には「わたし自身のことはご想像にお任せします」とうまくかわし、内野への攻めっぷりについても「あれは役の上」と反論していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『罪の余白』はTOHOシネマズ新宿ほか全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 3日
  5. 内野聖陽、美少女・吉本実憂にいじめの反撃!「絶対S」