シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『そして父になる』が福山雅治の結婚を後押し!?是枝監督、釜山で記者から問われる

『そして父になる』が福山雅治の結婚を後押し!?是枝監督、釜山で記者から問われる
トークイベントに登壇した是枝裕和と長澤まさみ - Photo: Megumi Shibata

 開催中の第20回釜山国際映画祭(BIFF)で4日、韓国公開も予定されている『海街diary』のトークイベントが行われ、『そして父になる』以来2年ぶりのBIFF参加となる是枝裕和監督と、初の渡釜となる長澤まさみが登壇した。

 客席から「まさみ、かわいい」「まさみ、きれい」と声が飛ぶなか、長澤は「こんなに気持ちのいい場所で皆さんにお会いできて光栄です。作品も海街を舞台にしているので、この街に来られて喜んでいると思います」とあいさつ。続けて「映画の舞台である鎌倉は、韓国の南部の風景に似ていると聞きました。皆さんにも、きっと懐かしさを抱いていただけると思います」と語り、作品を印象付けた。

 一方、BIFF20周年について司会者から話を振られた監督は、スタッフに敬意を表すると同時に「僕も監督になってちょうど20年。この映画祭と同じように成長できているか心もとないですが、一緒に歩んできたような感慨を覚えます」と特別な思いを口にした。一転、『そして父になる』への出演が福山雅治の結婚を後押ししたのではと尋ねられると、「その話は本人としていないのでわかりません。今度会ったらゆっくり聞いてみたいと思います」と“福山ショック”に沈む女性ファンを気遣った。

 満面の笑みをたたえた長澤は、「青春映画のヒロインがすっかり大人の女優へと脱皮した」との司会者の言葉に、「わたしも28歳。仕事の役柄とともに自分自身も年を重ねて、自然な流れだったんじゃないかと思います」と返答。レディーの余裕を見せつつ、本当の姉妹のように仲良くなったという綾瀬はるか、夏帆、広瀬すずとは「いつも食べ物の話ばかりしていました。みんなお肉が好きなので、焼き肉を食べに行きました」とギャップ感満載のエピソードを披露した。

 その長澤の起用について、監督は「太陽のように明るい。陰と陽なら、完全に陽のタイプ。その部分を作品に欲しかった」と述懐。「ストイックな長女とは対極にいる次女。二人の醸し出す衝突を含めたリズム感で映画が進んでいく。病院勤務の長女は死に囚われていく存在なので、長澤さんにはエロス、“生”の部分を担っていただきたいと説明しました」と演出意図を明かした。(取材・文:柴田メグミ)

第20回釜山国際映画祭は、今月10日まで開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 5日
  5. 『そして父になる』が福山雅治の結婚を後押し!?是枝監督、釜山で記者から問われる