シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『新宿スワン』初登場首位!『メイズ・ランナー』が後を追う【週間レンタルランキング】

『新宿スワン』初登場首位!『メイズ・ランナー』が後を追う
出演俳優だけでなく、スタッフも豪華! - (C) 2015「新宿スワン」製作委員会

 10月5日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは、『新宿スワン』が初登場で首位を獲得。『ワイルド・スピード SKY MISSION』の連続首位記録は4週連続でストップした。

 『新宿スワン』は、新宿・歌舞伎町を舞台に、女性たちに水商売を斡旋するスカウトマンたちの熾烈(しれつ)な争いを描いた人気コミックの実写化作品。スカウト会社の幹部(伊勢谷友介)に見出され、スカウトマンの道を歩み始めた青年(綾野剛)が、ライバルスカウト会社との争いに巻き込まれていく。『ヒミズ』『映画 みんな!エスパーだよ!』の園子温が監督を務め、放送作家の鈴木おさむと共に『クローズZERO』のプロデューサー・山本又一朗が水島力也名義で脚本を担当した。

 2位に初登場した『メイズ・ランナー』は、アメリカのベストセラー小説の映画化作品。気が付くとコンクリートの壁に囲まれた広場にいた主人公。包囲する強固な壁の外は巨大な迷路になっており、そこに暮らす少年たちの脱出を妨げていた。日ごとに構造を変える謎めいた迷路からの脱出を目指す彼らの姿を描く。

 トップ10圏外で注目なのは初登場13位の『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』。本作はアカデミー賞で作品賞など8部門にノミネートされ、脚色賞を受賞した。第2次世界大戦時、解読不可能といわれたドイツの暗号「エニグマ」の解読に成功し、連合国軍の勝利に貢献した実在のイギリス人天才数学者アラン・チューリングの人生を描く。彼は暗号を解読するチームの一員となるが、天才肌で高慢なため軍上層部や仲間から理解されずに、孤立して作業に没頭する。それでも次第に団結を深めるチームだったが、アランにスパイ疑惑が浮上。チーム全員が疑心暗鬼になっていく。来週のトップ10入りに期待したい。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『新宿スワン』(初登場)
2位『メイズ・ランナー』(初登場)
3位『ワイルド・スピード SKY MISSION』(1位)
4位『セッション』(2位)
5位『映画 暗殺教室』(3位)
6位「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙」(4位)
7位『シンデレラ』(5位)
8位『フォーカス』(7位)
9位『ストロボ・エッジ』(6位)
10位『チャッピー』(8位)

 今週は、7日に『トゥモローランド』『ドラゴンボールZ 復活の「F」』『名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)』がレンタル開始。これらの順位と共に、『新宿スワン』が2週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 7日
  5. 『新宿スワン』初登場首位!『メイズ・ランナー』が後を追う