シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

篠原涼子、好きなタイプは偏屈な男性 アラフォー観を語る

篠原涼子、好きなタイプは偏屈な男性 アラフォー観を語る
2年ぶりのテレビドラマ復帰となる篠原涼子

 アラフォー女性の恋愛を描く新ドラマ「オトナ女子」(フジテレビ系)の制作発表記者会見が6日に都内で行われ、主演を務める篠原涼子と共演の吉瀬美智子、鈴木砂羽、谷原章介、江口洋介らが出席。好きな男性のタイプを聞かれた篠原は「意外と偏屈な人、好きなんですよ。母性本能をくすぐられるんです」と明かした。

 ドラマ「ラスト・シンデレラ」以来、篠原にとって2年半ぶりのドラマ主演となる本作。篠原が演じる中原亜紀は、恋愛アプリを手掛ける会社に勤めるキャリアウーマンで、篠原によると「頑張りすぎてうまくいかないキャラ」とのこと。また彼女は「皆さん大好きで、楽しい現場です。幸せすぎてスイマセン」と撮影が順調に進んでいることを明かした。

 タイトルにもなっているオトナ女子について聞かれた篠原は「いくつになってもときめいていられる気持ちを持っている女性」とコメント。一方で亜紀の親友でフラワーショップのオーナー・大崎萠子役を務める吉瀬は「可愛らしい感じで、若い方が持っていない包容力を持っている人」と答え、谷原ふんするプレイボーイで有名な社長・栗田純一との「恋模様が展開されるかも……」と劇中の恋愛関係をほのめかした。「生まれてから死ぬまで女であれ」と語る鈴木は3人の息子を持つ坂田みどりを演じており、劇中で「息子の担任と何かあるかもしれない……」と期待をあおった。

 男性の立場からオトナ女子について、谷原は「オトナ女子って物分かりいいですよね。無駄な会話をしなくていい」と大人っぽいドライなコメント。一方、毒舌の脚本家・高山文夫役の江口は「いくつになっても可愛さを持っていてほしい」と女性に対しての願望を語り「恋愛の応援歌にしたいと聞いている。元気なドラマになってほしい」と本作に対する思いを伝えた。

 テレビドラマ「結婚できない男」「梅ちゃん先生」の尾崎将也が脚本を担当している本作は40歳の独身女性のリアルな本音が詰まった大人のラブストーリー。最後に篠原が「40代の活力をアピールしていけたらと思います」と視聴者にメッセージを送った。(取材・文:福住佐知子)

テレビドラマ「オトナ女子」10月15日より毎週木曜午後10時からフジテレビ系にて放送開始


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 6日
  5. 篠原涼子、好きなタイプは偏屈な男性 アラフォー観を語る