シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

林原めぐみ×椎名林檎!アニメ主題歌タッグに「思い残すことはございません」<コメント全文>(1/2)

林原めぐみ×椎名林檎!アニメ主題歌タッグに「思い残すことはございません」<コメント全文>
林原めぐみ(左)&椎名林檎(右)がタッグ! - (C)雲田はるこ・講談社/落語心中協会

 「新世紀エヴァンゲリオン」「名探偵コナン」などで知られる声優・林原めぐみと、シンガーソングライターの椎名林檎が、テレビアニメ「昭和元禄落語心中」の主題歌でタッグを組むことが明らかになった。林原がボーカルを務め、椎名が作詞作編曲プロデュースを担当している。

 林原めぐみの楽曲で同一アーティストが作詞・作曲・編曲全てをプロデュースするのは初のこと。林原はレコーディングを振り返り、「お互いに、きっと一生忘れない宝物のような時間」と語っている。一方の椎名も「この度の制作は、作曲を続けてきて良かったと実感する瞬間の連続でした」とコメントし、「思い残すことはございません」と感無量の様子。主題歌名は今のところ明かされていない。

「昭和元禄落語心中」
「昭和元禄落語心中」 - (C)雲田はるこ・講談社/落語心中協会

 「昭和元禄落語心中」は、第17回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門優秀賞、第38回「講談社漫画賞」一般部門を受賞した同名漫画を基に、刑務所を出所したばかりの青年・与太郎(関智一)と彼が弟子入りする大名人・八雲(石田彰)を中心に、落語家たちの生きざまを描く物語。林原は若かりしころの八雲の前に現れる謎の女性・みよ吉の声を担当している。(編集部・井本早紀)

<林原めぐみコメント全文>(原文ママ)
「椎名林檎」
売れに熟れたこの果実とのご対面。奮起せぬ訳はなく…。
ことさらに高揚した自分をいさめるように向かった録音場(スタジオ)。
TVシリーズの収録が終了していることをこれほど感謝するレコーディングはなかったかもしれない。
「彼女」の血肉を介して生まれた「もう一人のみよ吉」が襲ってくる。ひたひたと、確かな足取りで…。
私の中の「みよ吉」と「もう一人のみよ吉」がゆるゆると溶け合い、楽曲として「落語心中」という作品を表現する為の新しい命が生まれました。
彼女のオーダーを受け止め…答え、更なるオーダーに悩み、受け止め、咀嚼し、ひたすら「肉声(コエ)」にしてゆく。
そのゆったりとした、それでいて的確なラリーは、大変エロティックな作業でした。

「あたし 求められれば いくらでも 変われるよ」
「昭和元禄落語心中」第四巻 P.35 より

二人の女遊(女優)の絡み合い。
お互いに、きっと一生忘れない宝物のような時間…。
全ての過去に感謝する時間でありました。
林檎さん…あなたに「ここ、あえてこんな風に…」と言われるたび、全力でお答えせねば…と、キュン…としておりましたのよ…。
しあわせをありがとう。
このしあわせを是非皆様にも一度味わってみていただきとうございます。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 7日
  5. 林原めぐみ×椎名林檎!アニメ主題歌タッグに「思い残すことはございません」<コメント全文>