シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

俳優にとって原作と映画は別もの!『バクマン。』のキャスト陣が本音を暴露

俳優にとって原作と映画は別もの!『バクマン。』のキャスト陣が本音を暴露
左から皆川猿時・桐谷健太・新井浩文

 高校生マンガ家コンビの活躍を描く人気漫画の実写化映画『バクマン。』で、共演を果たした桐谷健太・新井浩文・皆川猿時。それぞれ個性豊かなマンガ家を演じた3人が、原作に登場するキャラクターにふんすることについて、率直な思いを明かした。

 「DEATH NOTE」の大場つぐみと小畑健による人気漫画を、『モテキ』などの大根仁監督が実写化した『バクマン。』。佐藤健と神木隆之介が演じる高校生マンガ家コンビの良きライバルとして登場するのが、ヤンキー漫画家の福田真太(桐谷)、ギャグ漫画家の平丸一也(新井)、そして美少女系漫画家の中井巧朗(皆川)だ。

 今回の役づくりについて新井は、「原作が大好きだったので、髪の毛を原作通りに伸ばして、見た目もなるべく原作のキャラに近づけるように努力はしました」と打ち明ける。すると桐谷は、「原作と台本では、僕の演じるキャラが違ったんです。だから、無理に原作に寄せるのではなくて、新しく作っていったほうがいいんじゃないかなと思い、わりと自由にやらせてもらいました」と告白。皆川も、「僕の役も台本上のキャラクターが漫画とは違っていたので、ナヨナヨとした独自の芝居をしました」と振り返る。

 三者三様のアプローチで人気漫画の登場人物を演じた彼らだが、「原作ファンにどう思われるのか」については、全員が「気にしない」と断言。「今回の作品に限らず、人気漫画や小説を映画化すると、『全然違う』とか、必ずそういった声は上がる。それを考えていたら仕事ができないし、原作と映画は別ものなので」と新井が語ると、桐谷も、「人それぞれ、キャラに対するイメージが違いますからね。自分の発想でやるしかないです」と賛同。すると皆川が、「僕はデブの役ばかりですからね。誰も文句ないんじゃないですか」ととぼけた答えで場を和ませた。

 最後に新井が、「もしかすると、この作品も原作が好きな方は幻滅するかもしれない。漫画とは違うから。だけど、映画としては超一流のエンターテインメントになっていると思います」と力強く語ると、隣の桐谷と皆川も満足気に深くうなずいていた。(取材・文:斉藤由紀子)

映画『バクマン。』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 10日
  5. 俳優にとって原作と映画は別もの!『バクマン。』のキャスト陣が本音を暴露