シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

段田安則、おカタイ役人イメージに悩み「たまには弾けたい」【『ギャラクシー街道』インタビュー】

段田安則、おカタイ役人イメージに悩み「たまには弾けたい」
「せっかくなら変な宇宙人をやりたかった」段田安則

 おかしな宇宙人が次々と登場する三谷幸喜監督の最新作『ギャラクシー街道』の中で、唯一(?)真面目な役人・ハシモトを演じた段田安則。名バイプレイヤーとして数々の作品に出演する段田は、「普段から真面目なおじさん役が多いのですが、三谷さんの中にもおカタイ役人のイメージがあったのかな?」と苦笑い。本人には「たまには弾けたい」という思いもあるようで、「せっかくなら僕も変な宇宙人をやりたかったな。パート2があるならぜひ!」と俳優としての願望を語った。

 本作は、西暦2265年の宇宙空間を舞台に、三谷監督が初めて挑んだSFラブコメディー。木星と土星の間に浮かぶ人工居住区「うず潮」と地球を結ぶスペース幹線道路「ギャラクシー街道」の中央に立つ、小さなハンバーガーショップに集まる人々の恋模様を、香取慎吾、綾瀬はるか、小栗旬、遠藤憲一、大竹しのぶ、西田敏行ら豪華キャストでユーモラスに描く。

 段田が演じるハシモトは、ギャラクシー街道の現状を視察するスペース国土交通省のお役人。途中、仔犬や小鳥、赤い風船を持った道化師など、子供の頃の記憶がアニメーションなどを交えながらメルヘンチックに描かれるが、基本はやっぱりマジメで実直。「宇宙人との対比で、まともな地球人役はバランスを取る意味でも必要だと思いますが……」と前置きしながら、「宇宙人は誰も会ったことがないから、演じていても楽しいでしょうね。せっかくなら僕も宇宙人役で出たかったな」と本音をちらり。

 特に遠藤が演じる、人妻ノエ(綾瀬)を口説き倒す両性具有の宇宙人メンデスに興味津々だったようで、「いいなぁ、代わってよ! って、冗談で言っていたんですが、あれだけは僕には無理。遠藤さんにしかできない演技」と脱帽。山本耕史が演じる客引きゼットもお気に入りだといい、「鼻が面白い」と顔をほころばせる段田を見ていると、なんだか突き抜けた役もベテランの技でサラッと演じられそうな予感もする。

 「女装趣味のエリートサラリーマン、仏像好きの中国人留学生などはやったことがありますが、自分とかけ離れた役の方が演じていて面白いですよね。おカタイ役人もいいですが、まったく違うところへ行けるのも役者の醍醐味ですから」と意欲を見せた段田。本作にパート2があるならば、かつてない段田の弾けた姿が見られるかもしれない。(取材・文:坂田正樹)

映画『ギャラクシー街道』は10月24日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 22日
  5. 段田安則、おカタイ役人イメージに悩み「たまには弾けたい」