シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

生田斗真、山田涼介の圧倒的人気に完敗!?

生田斗真、山田涼介の圧倒的人気に完敗!?
この日生田らと共に登壇した浅野忠信(左)、菜々緒(右)

 生田斗真と山田涼介(Hey! Say! JUMP)が27日、都内で行われた映画『グラスホッパー』のハロウィン試写会イベントに出席。生田は、山田との人気の差をまざまざと見せつけられたエピソードを自虐的に語り、会場を沸かせた。

 この日は観客400名がハロウィンにちなんだ仮装をしており、山田もハロウィンを意識したヘアアクセサリーをつけて登場。観客が「カワイイ~!」と黄色い声を上げても、山田は「うん、それは知ってる」とどこ吹く風で、いつものキュートな笑顔に加え、クールな一面ものぞかせて観客を魅了した。

 そんな中、血のりでゾンビメイクを施した女性客を見つけた生田は、「血のりを付けるとテンションが上がる」と嬉しそうに話すと、「(血のりは)口に入って飲み込んでも大丈夫なようにイチゴ味なんですよ」とトリビアを披露。そして「涼介のキスは何味なんだ?」と先輩風を吹かして山田をいじり、「イチゴ味!」と答えさせてご機嫌な笑顔を見せた。

 しかし、例え先輩といえども勝てないのが山田の女性人気だという。生田は撮影中、エキストラの女の子たちに、「ありがとうの意味も込めて手を振った」そうで、「『キャー』って言ってくれて、すげー嬉しいなと思った」と述懐。そこで、隣にいた山田にも「お前も手を振ってあげなよ」と促したところ、山田が手を振ると「ギャァ~~~~!」と想像を絶する絶叫が響いたとか。生田は「ハンパじゃねぇ。ジャンプしてるぜと思いました」と自身を凌駕する山田の人気を認めつつ、完敗した自分にがっくり肩を落とした。

 本作は、人気作家・伊坂幸太郎の同名小説を原作としたサスペンス。婚約者を殺され、復讐のために裏組織に身を置く元中学校教師・鈴木(生田)と、相手を自殺に追い込む特殊な力を持つ殺し屋・鯨(浅野忠信)、ナイフ使いの孤独な若き殺し屋・蝉(山田)の運命が、ハロウィンの夜に渋谷スクランブル交差点で起きた事件をきっかけに交錯していくさまを描く。イベントには、浅野忠信、菜々緒、村上淳、瀧本智行監督も登壇。また、主題歌「tonight」を歌うYUKIからのメッセージVTRもサプライズで届けられた。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『グラスホッパー』は11月7日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 27日
  5. 生田斗真、山田涼介の圧倒的人気に完敗!?