シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

片岡愛之助、久々の歌舞伎で観客魅了!紀香質問には答えず【第28回東京国際映画祭】

片岡愛之助、久々の歌舞伎で観客魅了!紀香質問には答えず
歌舞伎舞踊「雨の五郎」で観客を魅了した片岡愛之助

 歌舞伎俳優の片岡愛之助が26日、東京・歌舞伎座で開催された、第28回東京国際映画祭特別イベント「歌舞伎座スペシャルナイト」で、歌舞伎舞踊「雨の五郎」を披露。舞踊を終えた片岡は、「久しぶりの歌舞伎でございまして、しかも歌舞伎座でということで、うれしゅうございました」とすがすがしい表情を見せるも、一部で結婚が報じられた女優の藤原紀香に絡めた、報道陣からの「ノリノリ紀香でしたか?」という呼び掛けはさすがにスルーし、舞台を後にした。

 「雨の五郎」は、歌舞伎ならではのつややかな口説き、豪快な立ち回りなどの見せ場が盛り込まれた舞踊。「歌舞伎」の特徴の一つである隈(くま)取りや、所作一つ一つが絵となる日本舞踊の美しさが目を引き、初心者から歌舞伎通まで、幅広い層が楽しめる演目となっている。

 この日は披露の後、東京国際映画祭の「SAMURAI賞」授賞式が開催されるとあって映画関係者や報道陣も多く詰め掛け、いつもとはまた違った雰囲気の中での舞踊となったが、躍動感あふれる片岡の美しい舞いに、観客からは大きな拍手が沸き起こった。

 今回、この演目を選んだ理由を片岡は、「映画祭ということで海外からもたくさんの方が来られていたので、言葉は理解できなくても楽しんでいただけるものを選びました」と説明。さらに、海外の観客にもっと歌舞伎を知ってもらうためのポイントについて、「歌舞伎はとかく、難しそうとか、敷居が高いとか、思われがちですが、決してそんなことはないです」と力説すると、「言葉の壁はどうしてもあるので、最初は英語版ガイドを使って楽しんでいただき、(内容がわかったところで)2度目はガイドなしで観てみるのもいいでしょう」と伝授。

 さらに、「1階席もいいですが、意外と2階席から観た方が美しい歌舞伎の動きを堪能できるんですよ」と歌舞伎俳優ならではの鑑賞ポイントを明かした。

 片岡の舞踏の後は「SAMURAI賞」の受賞式、そして黒澤明監督が歌舞伎演目の「勧進帳」を題材にメガホンを取った映画『虎の尾を踏む男達』(1945)のニュープリント、英語字幕付き上映が行われた。(取材:坂田正樹)

第28回東京国際映画祭は31日まで六本木ヒルズ、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿ほかにて開催


【関連情報】

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 26日
  5. 片岡愛之助、久々の歌舞伎で観客魅了!紀香質問には答えず