シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

赤狩りの犠牲になった『ローマの休日』の脚本家ダルトン・トランボとは?

赤狩りの犠牲になった『ローマの休日』の脚本家ダルトン・トランボとは?
新作について語ったブライアン・クランストン

 大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」の演技派俳優ブライアン・クランストンが、新作『トランボ(原題) / Trumbo』についてジェイ・ローチ監督と共に語った。

 本作は、第2次世界大戦後に共産主義者弾圧の犠牲になってハリウッドから追放され、仕事を続けるために偽名を使って映画『ローマの休日』などを執筆した脚本家ダルトン・トランボ(ブライアン)の波瀾万丈の人生を描いたもの。テレビ映画「ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女」のジェイ・ローチがメガホンを取った。

 トランボを題材にしたことについて「USC(南カリフォルニア大学)に在学中に、ハリウッド・テン(共産党と関係があると疑われリストアップされた映画人のうち、召喚や証言を拒否し、議会侮辱罪で有罪判決を受けた10人の脚本家・監督)のうちの1人、エドワード・ドミトリク監督の授業でトランボへの認識はあったが、深くは理解していなかった。トランボのような脚本家は偽名で仕事はできたが、本作に登場する俳優エドワード・G・ロビンソンのように、俳優としてスクリーンに顔を出す人たちは、(脅されて)共産党員である仲間を数人証言したんだ。結局、ドミトリク監督も投獄の後、それまで証言を拒否していた姿勢を翻して証言をした。僕はそんな、いわゆる赤狩りの状況下で人々はどうするかを描きたかった」とローチ監督は説明した。

 脚本を執筆するシーンを演じる上で、ブライアンは「まず、通常使用していたパソコンのキーボードから、タイプライターでアルファベットを探してタイプすることに慣れるまでの過程がとても難しかった。感覚でコンピューターのキーボードを覚えているから、非常にぎこちない形で何度もやり直しながら、タイプライターを打っていた」と振り返った。

 トランボを描くにあたって気を付けた点について、ローチ監督は「できる限り真実味があるように描きたかった。彼はストライキでダンボールの上に立つような古風な雄弁家で、シュライン・オーディトリアムで行われたMPA(アメリカの理想を守るための映画同盟)の演説の際にも、本来ならMPAの基本方針を語るはずだったが、公衆の面前で論争を繰り広げた。そこで、本作でも最後に彼のスピーチを含め、彼の言葉の一言一言に意味を持たせた」と言葉の重みに気を使ったそうだ。

 映画は、基本的人権のために戦ったハリウッドの映画人トランボの精神と時代背景が克明に描かれている。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 22日
  5. 赤狩りの犠牲になった『ローマの休日』の脚本家ダルトン・トランボとは?