シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジェニファー・ロペスの警察ドラマが来年からアメリカで放送決定

ジェニファー・ロペスの警察ドラマが来年からアメリカで放送決定
ジェニファー・ロペス - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 第1シーズンを13エピソードから9エピソードに減らされたウェズリー・スナイプスの新ドラマ「ザ・プレイヤー(原題) / The Player」の後枠で、ジェニファー・ロペス主演の警察ドラマ「シェイズ・オブ・ブルー(原題) / Shades of Blue」の放送が発表された。

 Deadlineなどによると、「シェイズ・オブ・ブルー(原題)」はパイロット版なしでシリーズ化が決定した警察ドラマで、ジェニファーのほかにはレイ・リオッタ、ドレア・ド・マッテオなどが出演している。

 同ドラマは2016年1月14日(現地時間)に2時間スペシャルでスタートし、翌週から「ブラックリスト」の後に放送されるという。1月14日の週はアメリカン・フットボールやゴールデン・グローブ賞などが放送されるため、宣伝するにはうってつけのスタート日とのこと。米NBC局もかなり力を入れているドラマのようだ。

 「シェイズ・オブ・ブルー(原題)」はシングルマザーの刑事ハーリー・サントス(ジェニファー・ロペス)と、強い絆で結ばれたブルックリンの刑事たちを描いたもの。レイが演じるのは、治安を守るためには一線を越えることもいとわないマット・ウォズニアック警部補で部下の刑事たちもその教えに従っている。法を犯しているところをFBIに見つかったハーリーは、自分の仕事と娘を失わないため情報提供者となり、チームを内部から見張ることになるという。

 ほかには、映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のダイオ・オケニイ、テレビドラマ「STALKER:ストーカー犯罪特捜班」のウォーレン・コールなどがレギュラー出演する。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 13日
  5. ジェニファー・ロペスの警察ドラマが来年からアメリカで放送決定