シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

TOHOシネマズ、『SW』新作の料金を値上げした理由

TOHOシネマズ、『SW』新作の料金を値上げした理由
画像はTOHOシネマズ公式サイトのスクリーンショット

 TOHOシネマズが12月18日公開の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の一般料金を一部劇場で値上げすることが12日、明らかになった。

 TOHOシネマズは同日、公式サイトで同作の一般料金を通常の1,800円から2,000円に値上げすることを発表。理由については「過去の事例を参考に作品的な価値を踏まえて一般料金を特別価格に設定させていただく事になりました」とした。ファーストデイやレディースデイなどのサービス料金は変わらず、前売り券なども通常通り使えるという。

 今回の値上げに対してネット上では、「200円高くなったところで見に行くことにはいくけど、ほかの劇場との差って何なんだろう?」「通常の映画料金でも日本は高いって言われてるのにさらに値上げって」「3Dとか理由があれば納得だけど、これは『?』ですね」など、さまざまな声が上がっている。

 なお、対象劇場は日劇、渋谷、六本木ヒルズ、日本橋、新宿、梅田、なんば、西宮OSの8館となる。(編集部・中山雄一朗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 13日
  5. TOHOシネマズ、『SW』新作の料金を値上げした理由