シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

『冬の猿』(1962年)監督:アンリ・ヴェルヌイユ 出演:ジャン・ギャバン、ジャン=ポール・ベルモンド:第31回【名画プレイバック】(1/2)

『冬の猿』(1962年)監督:アンリ・ヴェルヌイユ 出演:ジャン・ギャバン、ジャン=ポール・ベルモンド:第31回
ジャン・ギャバン&ジャン=ポール・ベルモンド、フランスの名優が夢の共演!映画『冬の猿』より - (C)Everett Collection/アフロ

 ジャン・ギャバンとジャン=ポール・ベルモンド。フランスの名優2人のただ一度の共演作は、年齢も境遇も違う男たちに生まれた束の間の友情を描く『冬の猿』(1962)。日本では1996年、ギャバン没後20年を記念して初めて劇場公開されたアンリ・ヴェルヌイユ監督の隠れた名作だ。(冨永由紀)

 製作から53年経った今だと簡単に名優2人と括ってしまうが、当時すでにフランス映画界の至宝だった58歳のギャバンと、ヌーベルバーグの台頭でスターになったばかりの29歳のベルモンド、新旧スターの共演として観る方が自然だろう。彼らが演じる男たちのたった1つの共通点、それは「酒に酔う」という感覚だ。ミシェル・オディアールが手掛けたセリフと男優2人の好演が、酩酊がもたらす多幸感とその裏側にあるメランコリーを浮かび上がらせる。

 物語は1944年、ノルマンディー地方のドーヴィル近郊の小さな町ティーグルヴィルから始まる。酒好きで、いつも悪友と飲んだくれていたアルベール(ギャバン)は激しい空襲の最中、避難していた地下室で妻のシュザンヌに「もし生き延びることができたら、もう二度と酒は飲まないと誓う。多分、これが最後の一杯だ」とグラスを手に宣言し、ゆっくりと飲み干す。

 それから15年経ち、町にある通りの名前がヴィシー政権の「ペタン元帥」から「ド・ゴール将軍」に変わり、アルベールとシュザンヌが営むホテルに1人の客が訪れる。冬の夜にふらりとやって来た青年・ガブリエル(ベルモンド)はスペインの闘牛士だと名乗り、酒に溺れて奔放に振舞う。

 風変わりなタイトルは、かつて揚子江に出兵していたアルベールが語る中国の言い伝えによるものだ。冬になると人里に降りてくる迷い猿。アルベールは、ガブリエルがそんな冬の猿に似ていると話す。妻との約束を守って酒を断ち、今は代わりに飴をなめてやり過ごすアルベールは、泥酔して醜態をさらすガブリエルの相手をしてやりながら若き日の自分を思い出し、ふざけてアルベールを「パパ」と呼んでみたりするガブリエルも彼になついて、やがて町に来た本当の理由を打ち明ける。

 男2人の友情物語なのだが、同時に夫婦の物語でもある。ガブリエルが到着した翌日、分別ある大人になったはずの夫が、かつて酔っ払った際の定番のお題だった揚子江の話を前夜ガブリエルにしたと知るや、シュザンヌはたちまち不安に駆られる。この場面はホテルの台所で、朝市で魚を仕入れて戻って来たアルベールと酔いが醒めたガブリエル、2人を心配そうに観察するシュザンヌの3人で構成されている。貯蔵庫の整理をするアルベールを庫内から映すショットで、倉庫の3つの扉にアルベール、ガブリエル、シュザンヌの姿が映る。その扉の開閉のタイミングで3人の関係性や心理を見せる表現もまた秀逸だ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 27日
  5. 『冬の猿』(1962年)監督:アンリ・ヴェルヌイユ 出演:ジャン・ギャバン、ジャン=ポール・ベルモンド:第31回