シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

弱虫の恐竜と勇敢な少年の冒険!隕石が落ちなかった地球が舞台

弱虫の恐竜と勇敢な少年の冒険!隕石が落ちなかった地球が舞台
言葉は通じなくても - (C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 来年に上映を控えるディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』の予告編が公開され、言葉を話す弱虫の恐竜アーロと勇敢な少年スポットの出会いから始まる壮大な冒険の様子が披露されている。

 本作は、“もしも隕石が地球に衝突せず恐竜が絶滅していなかったら? そこは恐竜だけが言葉を話す世界”という地球が舞台になっており、主人公は弱虫で怖がりの恐竜アーロ。最愛の父の死によって助けられたアーロは、家族と離れ離れになり、見知らぬ土地で途方に暮れていた。そんなアーロは“まだ言葉を持たない”人間の少年スポットと出会う。言葉も通じず、初めて出会う人間に戸惑うアーロだったが、スポットにはアーロが家族の元に帰りたがっていることを感じることができた。なぜならスポットもまた家族を失い“ひとりぼっち”になってしまっていたからだ。そして出会ったひとりぼっち同士の1匹と1人は、アーロの家族の元を一緒に目指すこととなる。

 今回公開された予告編に登場するTレックスのブッチが「怖がってもいいんだ。一歩踏み出したとき、新しい世界が見える」と言っているように、この映画のテーマのひとつは「恐怖を乗りこえる」こと。監督を務めたピーター・ソーン監督は「人生には楽しいことだけでなく、悲しいことや辛いこともある。その悲しみや自分の恐怖心を乗り越えていくアイデアがありました。そして、そのキーとなるものは、“愛”だと思ったんです」と同作に込めた想いを語っている。

 アニメーション界のアカデミー賞ともいわれるアニー賞で、作品賞を含む7部門10ノミネートを果たした映画『アーロと少年』。『トイ・ストーリー』では“おもちゃ”、『モンスターズ・インク』では“モンスター”、『インサイド・ヘッド』では“感情”を主人公に友情や家族への愛など普遍的なテーマを描いてきたディズニー/ピクサーは、お互いひとりぼっちだった恐竜と少年のコンビを主人公に、どんな感動と興奮を観客に届けてくれるのだろうか。(編集部・海江田宗)

映画『アーロと少年』は2016年3月12日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 12月
  4. 4日
  5. 弱虫の恐竜と勇敢な少年の冒険!隕石が落ちなかった地球が舞台