シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『地獄に堕ちた勇者ども』(1969年)監督:ルキノ・ヴィスコンティ 出演:ダーク・ボガード、ヘルムート・バーガー:第33回【名画プレイバック】(1/3)

『地獄に堕ちた勇者ども』(1969年)監督:ルキノ・ヴィスコンティ 出演:ダーク・ボガード、ヘルムート・バーガー:第33回
ヘルムート・バーガーが女装してマレーネ・ディートリッヒを真似る有名なシーン - (C)Warner Bros. / Photofest / ゲッティイメージズ

 現在公開中のベルトラン・ボネロ監督『サンローラン』でヘルムート・バーガー演じる老年のイヴ・サンローランが夜、1人でテレビを見ている場面がある。画面に映っているのはルキノ・ヴィスコンティ監督の『地獄に堕ちた勇者ども』(1969)。25歳だったバーガーが華々しくその存在を世界に知らしめた作品であり、女装した彼がマレーネ・ディートリッヒを真似て「Falling In Love Again」を歌う場面が有名だが、その退廃美もさることながら、ヴィスコンティが最も伝えたかったことは別にある。それはナチス時代のヨーロッパの実態だ。(冨永由紀)

 大枠は、製鋼業で隆盛を極めるドイツのエッセンベック男爵家で起きた権力をめぐる骨肉の争いの物語。シェイクスピアの「マクベス」やトーマス・マンの「ブッデンブローク家の人々」、ドストエフスキーの「悪霊」などから引用したオリジナル脚本だが、そこに大きく影を落とすのはナチスドイツだ。映画は当主ヨアヒムの誕生日から始まる。時は1933年、台頭するナチスとの協調を選んだ男爵は反ナチを唱える親族・ヘルベルトを経営から外す決断を下し、残った者たちは覇権を勝ち取ろうと策略をめぐらせている。

 ヨアヒム直系の孫息子・マルティン(ヘルムート・バーガー)とその母のソフィ(イングリッド・チューリン)、ヨアヒムの甥でナチス突撃隊(SA)幹部のコンスタンティン(ラインハルト・コルデホフ)、重役でソフィの愛人でもあるフリードリッヒ(ダーク・ボガード)、ヨアヒムの姪の娘でヘルベルト(ウンベルト・オルシーニ)の妻・エリザベート(シャーロット・ランプリング)、そして一族の親戚でナチス親衛隊(SS)のアッシェンバッハ(ヘルムート・グリーム)が主要登場人物。金髪で常に冷静沈着なアッシェンバッハは物語の鍵を握る存在だ。

 アッシェンバッハは勢力争いや愛情のもつれで感情的になるエッセンベック家の人々に寄り添い、同情を示しながら火に油を注ぐように負の感情を刺激し、利用しては切り捨てていく。手始めに、実質的に経営を任されながらも部外者の立場に甘んじていたフリードリッヒと組み、誕生日の夜(ベルリンで国会議事堂放火事件が起きた日でもある)にヨアヒムを殺害させる。ソフィもアッシェンバッハとともにマクベス夫人のようにフリードリッヒをそそのかし、幼い頃から母の愛情に餓えたまま大人になった放蕩息子のことも「ハムレット」の王妃ガートルードよろしく思い通りに操る。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 12月
  4. 18日
  5. 『地獄に堕ちた勇者ども』(1969年)監督:ルキノ・ヴィスコンティ 出演:ダーク・ボガード、ヘルムート・バーガー:第33回