シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アカデミー賞シーズンが到来!日本作品はどこにノミネート?これからの映画賞(1/2)

アカデミー賞シーズンが到来!日本作品はどこにノミネート?これからの映画賞
オスカーシーズン到来! - iStock.com / EdStock

 2016年となり、第88回アカデミー賞のノミネーション発表を1月14日(現地時間)に控え、映画界がざわつくオスカーシーズンに突入。しかしオスカーシーズンとはいうものの、一体どんな賞がこれから予定されているの? ということで、現状どの作品がリードしているのかを押さえつつ、これから開催される賞をまとめてみました。

映画『スポットライト 世紀のスクープ』 - Photo by Kerry Hayes (c) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

◆すでに終了したオスカー前哨戦からわかるリード具合

 オスカー前哨戦の賞レース自体は、昨年秋にスタート。今のところ、神父による性的虐待という衝撃のスキャンダルを暴きだした記者たちの姿を描いた『スポットライト 世紀のスクープ』が、ロサンゼルス映画批評家協会賞、ボストン映画批評家協会賞、ワシントンD.C.映画批評家協会賞などの作品賞を受賞し、リード中。そのほか重要視されているニューヨーク映画批評家協会賞の作品賞をケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラ主演のラブロマンス作品『キャロル』が、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の作品賞をジョージ・ミラー監督の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が受賞しています。『マッドマックス』は娯楽作のイメージが強い作品ですが、根強い人気に後押しされるようにオンライン映画批評家協会賞や国際映画批評家連盟(FIPRESCI)の年間グランプリなども受賞しており、批評家たちの心を揺さぶっているのは確か。

音楽賞で自身3度目のノミネートを果たした坂本龍一 - Stefania D'Alessandro / WireImage / Getty Images

◆“アカデミー賞に次ぐ権威”第73回ゴールデン・グローブ賞

 ハリウッド外国人映画記者協会の投票により選定され、映画界ではアカデミー賞に次ぐ権威があるといわれているゴールデン・グローブ賞。最も注目すべきオスカー前哨戦の一つである同賞には、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『レヴェナント:蘇えりし者』の音楽を担当している坂本龍一が音楽賞でノミネートされています。そのほかの注目ポイントとしては、ここでも作品賞(ドラマ)にノミネートされた『マッドマックス』。授賞式は1月10日に米ロサンゼルスで開催。日本では授賞式の模様は1月11日に「BSスカパー!」で独占生中継されます。(AM8:55~PM1:45・無料放送)

◆“アニメ界のアカデミー賞” 第43回アニー賞

 国際アニメーション協会(ASIFA)が主催する、アニメーションを対象とする賞。日本からは、『思い出のマーニー』『バケモノの子』がインディペンデント作品賞にノミネート。『思い出のマーニー』は監督賞、脚本賞にもノミネートされています。また功労賞にあたるウィンザー・マッケイ賞を『かぐや姫の物語』の高畑勲監督が受賞。授賞式は現地時間2月6日にロサンゼルスで開催。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 2日
  5. アカデミー賞シーズンが到来!日本作品はどこにノミネート?これからの映画賞