シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジョージ・ルーカス、『スター・ウォーズ』を「奴隷業者に売ってしまった」発言を謝罪

ジョージ・ルーカス、『スター・ウォーズ』を「奴隷業者に売ってしまった」発言を謝罪
失言でした - ジョージ・ルーカス - Jason LaVeris / Getty Images

 映画『スター・ウォーズ』シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスが、「自分の子供」である同シリーズを「奴隷業者に売ってしまった」と発言したことについて謝罪した。ルーカスは2012年に自身の映画製作会社ルーカスフィルム(『スター・ウォーズ』シリーズの権利を含む)をディズニーに40億ドル(約4,800億円・1ドル120円計算)以上で売却し、現在全世界で大ヒット中の新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の製作には関わっていない。

 司会者チャーリー・ローズとのインタビューの席でその売却について振り返り、「わたしは彼ら(『スター・ウォーズ』シリーズ)を愛しているし、彼らを生み出した。彼らとはとても深いつながりがある。(それなのに)わたしは彼らを奴隷業者に売ってしまった、そして……」と最後まで言うのをやめて自嘲気味に笑ったルーカス。

 ルーカスにはもともと『スター・ウォーズ』6作に続く作品の案があったが、「ファンのための作品にしたい」と考えていたディズニーと意見が合わず、自分が関わっても問題を起こすだけだとして「お互い別の道を行きましょう」と新作とは距離を置いた。「彼らは懐古的な映画を作りたがった。それは好きじゃない。全ての映画で、わたしはそれらを全く違ったものにしようとすごく努力してきた。違った惑星、違った宇宙船で、新しいものを作ろうとしたんだ」と説明したルーカスは、シリーズとの決別について「離婚について語るような感じだ。気まずいけれど、つらくはない」と続けていた。

 ディズニーを「奴隷業者」に例えた発言、そして新作批判と取れるコメントを含むこのインタビュー動画が公開されて物議を醸すと、ルーカスは「失言でした。全くふさわしくない例えを使ってしまったことを謝罪します」と異例の声明文を発表。40年にわたってパートナーシップを組んできたディズニーへの尊敬の念から『スター・ウォーズ』を彼らに託したことに触れ、彼らがシリーズを映画、テレビドラマ、テーマパークへと拡大していくことに興奮しているとつづった。また、インタビューが行われた際にはまだ『フォースの覚醒』を観ていなかったと明確にした上で、「新作の記録破りの大成功に圧倒されており、J・J(・エイブラムス監督)とキャシー(製作のキャスリーン・ケネディ)をとても誇りに思っています」と製作陣への賛辞を贈っている。(編集部・市川遥)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 4日
  5. ジョージ・ルーカス、『スター・ウォーズ』を「奴隷業者に売ってしまった」発言を謝罪