シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

竹野内豊、子供のころ家族と観ていた「池中玄太」コンビに感無量

竹野内豊、子供のころ家族と観ていた「池中玄太」コンビに感無量
石橋冠監督に花束を贈呈した竹野内豊

 俳優の竹野内豊が9日、都内で行われた主演映画『人生の約束』の初日舞台あいさつに江口洋介、西田敏行、優香、高橋ひかる、石橋冠監督と出席。本作で79歳にして初メガホンをとった石橋監督に花束を贈呈し、「出られたことが一生の宝」と感謝の気持ちを述べた。

 「新湊曳山まつり」を控えた富山県射水市を舞台に、仕事一筋だったIT関連企業のCEO・中原祐馬(竹野内)が、住民たちとの触れ合いの中で心を再生していくさまを描いた本作。石橋監督は西田敏行主演の「池中玄太80キロ」シリーズなど、数々のテレビドラマを手掛けたベテラン演出家であるものの、映画監督は本作が初めて。

 竹野内はそんな監督を前に「この作品に出られたことが光栄です。子供のころから『池中玄太80キロ』を家族と一緒に観ていて、まさか西田さんや監督と今こうしてここに……。あの時、今日この場があるとは思っても見なかった。今、非常に感慨深い気持ちでいっぱいです」としみじみ。

 また、石橋監督があるインタビューで「子供のころはテレビが普及する前で映画を観て映画に憧れてこの世界に入ってきた。テレビの世界に入ってからもずっと映画への夢を持ち続けていた」と語ったエピソードを紹介しつつ、映画を撮れる環境にありながら今まで撮らなかったのは「自分が選んだテレビの道で出会ったさまざまな人たちとの仁義を貫いたから」と分析。

 「自分がやりたかったことを我慢した上でやっと今日実現した。そういう心意気で映画を作る人の作品に出られたことが一生の宝です」と述べると、「どんな方にでも『僕は映画は初心者なので』と頭を下げていた石橋監督に心を打たれました」と唇をかみしめた。

 壇上では共演陣と共に、“約束”が花言葉の白いバラの花束を石橋監督に贈呈。監督は出演者らの心遣いに感謝の表情を浮かべながら「関わった映画がこうして皆さんの前でかかるのはすごく幸せな気分です」と笑顔を見せていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『人生の約束』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 9日
  5. 竹野内豊、子供のころ家族と観ていた「池中玄太」コンビに感無量