シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

間宮祥太朗、古川雄輝との禁断ラブシーンに「初めてのラブシーンが古川君で良かった」

間宮祥太朗、古川雄輝との禁断ラブシーンに「初めてのラブシーンが古川君で良かった」
劇中で描かれた禁断の関係について語った間宮祥太朗

 若手イケメン俳優の野村周平、古川雄輝、間宮祥太朗らが11日、都内で行われた映画『ライチ☆光クラブ』のミニ会見に出席。劇中で間宮演じるジャイボと古川演じるゼラの禁断の関係が描かれることに触れた間宮は「俳優になって初めてのラブシーンが古川君で良かったなと思います」と大胆に振り返った。

 同作は古屋兎丸のロングセラーコミックを映画化したダークファンタジー。黒々とした煙と油にまみれた町・蛍光町を舞台に、醜い大人になることを拒み秘密基地「光クラブ」を結成した9人の少年たちの、愛憎や裏切りを描く。

 「光クラブ」のメンバーの一人で原作ファンにも人気の高い美少年・ジャイボを演じた間宮は、「プレッシャーは感じずに、自分の思うジャイボを演じようと思いました。あれだけ世界観のすばらしい漫画なので、僕らが人間として演じる事でもっと生々しさが映像として出ていけばいいな思いました」と撮影中の心境を語る。

 さらに、「心の中でゼラをどれだけ愛せるかという事だけを課題に挑みました」とも振り返り、「俳優になって初めてのラブシーンが古川君で良かったなと思います」とドッキリコメントも飛び出した。MCからラブシーンのための努力を聞かれると、間宮は「本番以外で友人や共演者として距離感を縮めるとああいうシーンはやりにくくなると思ったので、普段は触れ合わないというか、本番の上での密会を楽しんでいた感じですかね」とこだわりも明かした。

書き初め
この日は今年の抱負を書き初めで発表した

 一方、ゼラ役の古川は「以前から悪役に挑戦したい思いがあったので、オーディションで受かった時には嬉しかったです。不安もありましたけど、実際現場に入ったら楽しかったです」と回顧。「光クラブ」のリーダー・タミヤにふんした野村は、「光クラブの中では普通の役でしたが、周りが個性溢れるキャラクターを演じきってくださったからこそ、その中で普通のタミヤという人がいられて良かったと思いました」と振り返った。

 会見にはほかに池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音も出席。今年の抱負を書き初めで発表した。(取材 ・文:中村好伸)

映画『ライチ☆光クラブ』は2月13日より新宿バルト9ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 12日
  5. 間宮祥太朗、古川雄輝との禁断ラブシーンに「初めてのラブシーンが古川君で良かった」