シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「CSI:サイバー」からテッド・ダンソン降板 シリーズの今後が不確定に

「CSI:サイバー」からテッド・ダンソン降板 シリーズの今後が不確定に
テッド・ダンソン - Robert Voets / CBS via Getty Images

 テレビドラマ「CSI:科学捜査班」のスピンオフドラマ「CSI:サイバー」の先行きが怪しくなっている。

 The Hollywood Reporter などによると、これまで日曜日だった放送が3月には試験的に水曜日に移されるが、発表されている放送日は2週間のみで、その後の放送スケジュールから姿を消しているとのこと。

 これで「CSI」シリーズは終了かとの問いにクリエイターのアンソニー・E・ズイカーは、「そうは思わない。われわれはオーダー通り、22エピソードを製作する。5月になったら放送スケジュールがどう調整されるかをじっと待って、ドラマが更新されることを願うんだ。テッド・ダンソン、パトリシア・アークエット、ジェームズ・ヴァン・ダー・ビークなど、大スターが勢ぞろいしているし、素晴らしいシリーズで、しっかりとしたドラマだ。これからの犯罪はサイバー絡みになるから、この番組が続かない理由はない」と答えたという。

 しかし、Us Weekly などによると、「CSI:科学捜査班」から引き続き、「CSI:サイバー」でもD・B・ラッセルを演じていたテッド・ダンソンが、米CBS局の新テレビドラマ「グッド・プレイス(原題) / Good Place」への出演が決定したため、降板するとのこと。新ドラマには「ヴェロニカ・マーズ」のクリステン・ベルの出演も決まっている。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 16日
  5. 「CSI:サイバー」からテッド・ダンソン降板 シリーズの今後が不確定に