シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

新『スター・ウォーズ』がV3!興収90億円突破!【映画週末興行成績】

新『スター・ウォーズ』がV3!興収90億円突破!
100億円突破は確実か! 『スター・ウォーズ』がV3! - (C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

 土日2日間(1月16~17日)の全国映画動員ランキングを18日に興行通信社が発表、公開5週目の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が3週連続で首位を獲得した。先週末だけで動員23万6,219人、興行収入3億8,726万5,900円を記録。累計興収は90億円を突破している。

 イギリスの児童文学を実写映画化した『パディントン』は動員9万9,913人、興収1億2,937万6,300円で3位に初登場。さらに5位には、動物の視点から氷河期以降の地球の歩みを描いたネイチャードキュメンタリー『シーズンズ 2万年の地球旅行』がランクイン。316スクリーンで公開され、動員8万3,695人、興収1億371万7,700円を記録した。同作は、小学生以下の入場料が期間限定で500円という特別価格を実施していることもあり、多くの家族連れが劇場に訪れた。

 30メートルを超える巨大な白鯨と人間との死闘を描き出した、オスカー監督ロン・ハワードの最新作『白鯨との闘い』が7位に初登場。561スクリーンで公開され、動員6万3,901人、興収8,721万8,800円を記録した。

 『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』は引き続き2位をキープ。先週末は動員13万7,368人、興収1億5,968万8,300円を記録。累計成績は動員457万2,584人、興収50億1,368万7,500円と興収50億円を突破した。また、公開6週目を迎えた『orange−オレンジ−』も累計動員240万4,305人、累計興収28億2,999万1,500円と好調をキープしている。

 今週末は『ザ・ウォーク』『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』『ビューティー・インサイド』『サウルの息子』『PERSONA3 THE MOVIE -#4 Winter of Rebirth-』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2016年1月16~17日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(1)『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』:5週目
2(2)『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』:5週目
3(初)『パディントン』:1週目
4(4)『orange−オレンジ−』:6週目
5(初)『シーズンズ 2万年の地球旅行』:1週目
6(3)『傷物語〈I 鉄血篇〉』:2週目
7(初)『白鯨との闘い』:1週目
8(5)『ブリッジ・オブ・スパイ』:2週目
9(7)『ピンクとグレー』:2週目
10(6)『人生の約束』:2週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 19日
  5. 新『スター・ウォーズ』がV3!興収90億円突破!