シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

二階堂ふみ、金魚役に感激!「言葉を発するだけで新鮮」

二階堂ふみ、金魚役に感激!「言葉を発するだけで新鮮」
金魚役を喜んだ二階堂ふみ

 女優の二階堂ふみが27日、都内で行われた映画『蜜のあわれ』試写イベントに出席し、念願叶った金魚役の醍醐味を語った。

 本作は、泉鏡花・徳田秋聲と並び、金沢三文豪の一人である室生犀星が晩年に発表した同名小説の映画化。室生自身を想起させる老作家(大杉漣)と、彼が愛でる変幻自在の金魚の姿を持つ少女・赤子(二階堂)との無邪気でエロティックな触れ合いが艶やかに描かれる。

 「高校生の時に原作を読んでから、ずっと(赤子を)やりたいといろんな人に言っていた」という二階堂は、「言い続けていたら、ちゃんと出会うことがあるんだなと実感しました」と感慨深げ。原作は会話劇で成り立っており、「そのやり取りが可愛くて、あの時代の文学作品の深みに惹かれた」ことも明かす。

 実際に演じてみて「人を好くということは、愉しいことでございます」という台詞をはじめ、「全部がすごく気持ちいい台詞」だったと笑みをこぼす。また、「“恋人”という言葉は“赤い”とか“甘い”感じとか、“悲しい”は“冷たい”感じとか、第六感で感じるものを頼りにしながら言葉を発する役だったので、言葉を発するだけで新鮮な毎日でした」と金魚役の面白味をうれしそうに打ち明けた。

 この日は大杉、石井岳龍監督も出席しており、石井監督は二階堂演じる赤子について、「捉えどころがなく、本当に可愛らしい。こんな素敵な金魚がいたら最高だろうな。自分でも欲しくなりましたね」とデレデレで、大杉も「二階堂さん演じる赤子は金魚でした」と究極の賛辞を贈る。

 その言葉を受けて、二階堂は「わたしがやりたかった作品の現場で、濃厚で素敵な時間を大先輩の大杉さんとご一緒できたことは、すごい幸せでした」と感謝の気持ちを口にする。さらに、空き時間には大杉にドライブに連れて行ってもらったことも告白。食事をしたり、ウサギランドで遊んだそうで、「すごく楽しかったです」とにっこり。赤子とはまた違った、等身大の弾ける笑顔を見せた。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『蜜のあわれ』は4月1日より新宿バルト9ほかにて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 27日
  5. 二階堂ふみ、金魚役に感激!「言葉を発するだけで新鮮」