シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

深津絵里、中村七之助の美しさに降参宣言

深津絵里、中村七之助の美しさに降参宣言
全然負けていない美しさ! 深津絵里&中村七之助

 女優の深津絵里が27日、都内で主演舞台「ETERNAL CHIKAMATSU -近松門左衛門「心中天網島」より-」の制作発表会見に出席し、本作で遊女を演じる歌舞伎役者・中村七之助に対し、美しさでは「すでに負けている」と降参宣言した。

 本舞台は遊女小春、治兵衛、その妻おさんの三角関係を描いた近松門左衛門の「心中天網島」をベースに、現代と江戸時代の二つの時代をまたいで描く究極の愛の物語。会見には深津と七之助、共演の伊藤歩、中嶋しゅう、音尾琢真、演出のデヴィッド・ルヴォーも出席した。

 深津と七之助は初共演。深津は始まったばかりの稽古を振り返って、「なんか、信じられないような気持ち。七之助さんが軽やかでいつもすごく美しいんです」と感嘆の眼差しを向けると、「一緒に一からお芝居を作っていけることを嬉しく思います。美しさはすでに負けているのでそこは足掻かずに、七之助さんの美しさを自分の中にも取り入れていきたいと思います」と笑顔を見せた。

 「この企画をうかがった時に、なかなか共演できる機会のない七之助さんと共演できることにわくわくしました」と話した深津。「七之助さんとお仕事できることはひょっとしたらもう二度とないかもしれない。精いっぱい楽しみたいです」としみじみと語った。また、伊藤と共に七之助の美しさを称賛。七之助はこれに「公開処刑みたいなことしないでください」と照れ笑いを浮かべた。

 深津について七之助は、「何回かお目にかかっていて、舞台も拝見したことがあるのですが、『踊る大捜査線』のすみれ(恩田すみれ役)さんのイメージが強くて、会うと『あ、すみれさんだ』って」と話した。さらに、深津の舞台を見て感動したエピソードを披露すると「テレビもできて舞台もできる女優はなかなかいない。そういう意味で尊敬できる先輩です」と深津をたたえ、「深津さんにもう一度共演したいと言われるように頑張ります」と意気込んだ。(取材・文:名鹿祥史)

「ETERNAL CHIKAMATSU -近松門左衛門「心中天網島」より-」は2月29日~3月6日まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて、3月10日~27日までBunkamura シアターコクーンにて上演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 27日
  5. 深津絵里、中村七之助の美しさに降参宣言