シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『ある愛の詩』(1970年)監督:アーサー・ヒラー 出演:ライアン・オニール、アリ・マッグロー:第36回【名画プレイバック】(1/3)

『ある愛の詩』(1970年)監督:アーサー・ヒラー 出演:ライアン・オニール、アリ・マッグロー:第36回
ラブストーリーの金字塔『ある愛の詩』 - (C)Paramount Pictures / Photofest / ゲッティイメージズ

 映画とは、観る人の人生や経験を反映して受け取られるもの。だから同じように「良い映画」だと思っても、琴線に触れた部分は厳密に言えば個々で違うかもしれないし、同じ人が同じ映画を観ても、年齢によって受ける印象が大きく変わることもある。「愛とは決して後悔しないこと」という劇中のヒロインの台詞に、フランシス・レイの哀しくも美しいテーマ曲が忘れがたい恋愛映画の金字塔『ある愛の詩』(1970)のように、シンプルで真っ直ぐなメッセージを伝える映画こそ、若い時には“わかったつもり”になってしまいがちな作品かもしれない。(今祥枝)

 映画は、裕福で代々名門ハーバード大学出身という家柄のオリバー・バレット4世(ライアン・オニール)と、イタリア移民でハーバード大学関連の女子大学に通うジェニー・カヴァレリ(アリ・マッグロー)が、大学の図書館で出会うところから始まる。最初はちょっぴり反発し合い、やがて本気になり、愛を誓い合う。若気の至りと言えばそうかもしれないが、父親と折り合いが悪いオリバーは反対を押し切ってジェニーと結婚。父親から援助を打ち切られたため、オリバーが法律学校を卒業するための学費と生活費は主にジェニーが働いて稼ぎ、貧乏暮らしをしながらも、ついにはオリバーは優秀な成績で卒業し、法律事務所での勤務が決まってニューヨークへ。新しい生活が始まろうとする中ジェニーは重い病を患っており、余命を宣告される……。

 原題は「Love Story」というだけあって、本作は文字通り「ロミオとジュリエット」ばりのラブストーリーの王道である。私がこの映画を観たのは、確か中学生ぐらいのときにテレビで吹替版が放送されたときだったと思う。フランシス・レイの楽曲は以前から知っていたので、冒頭でそれが流れるだけで涙がこみ上げてきたが、何よりもアリ・マッグローのはつらつとした健康的な美しさ、気の強さや頭の回転の速さ、利発さの一方で、あふれんばかりの愛をオリバーに惜しみなく直球でぶつけるジェニーの、ある種の潔さに魅了された。とりわけ、マッグローがオリバーを見上げるときの、近視の人がよくやるような、ちょっと目を細めてどこか遠くを見つめるような視線には、たとえようもなく心引かれた。それゆえに、ライアン・オニール扮するオリバーと父親との確執や、すぐカッとなる性格などが子供っぽく感じられ、「素敵な男性」とは思えず反感を持ってしまうほど。なおかつ生活を支えるために勉学もキャリアも夢も捨てて、生活のために働くことになったのだから、「ジェニーが可哀想」という気持ちが勝り、なんでジェニーはこんな男性を選んだのか、若気の至りで結婚するのは考えものだなどと、子供ながらに思ってしまったのだった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 29日
  5. 『ある愛の詩』(1970年)監督:アーサー・ヒラー 出演:ライアン・オニール、アリ・マッグロー:第36回