シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

風間俊介と松岡茉優の“夫婦漫才”に観客爆笑

風間俊介と松岡茉優の“夫婦漫才”に観客爆笑
(左から)杉作、山本透監督、松岡茉優、つるの剛士、SCANDAL

 俳優の風間俊介と女優の松岡茉優が30日、TOHOシネマズ新宿で行われた映画『猫なんかよんでもこない。』の初日舞台あいさつに来場し、軽妙なやりとりで会場を笑いに包んだ。

 「大人が泣ける猫漫画」として注目されている元ボクサーの杉作による同名コミックを実写化した本作。ボクシングに人生を懸ける不器用な男ミツオ(風間)と2匹の子猫との日常をとぼけたセリフと柔らかなタッチで描き出すキュートな猫映画となっている。大勢の観客で埋まった客席を見渡した風間は「今日はたくさんの方が観に来てくださって。ついに公開するんだなという実感がひしひしと湧いています」と晴れ晴れとした顔を見せた。

 風間と松岡は、本作で共演が3作目ということもあって息の合った様子。「私は猫ちゃんと関わったことがなかったので、風間さんからこうやって抱いたらいいんだよというようなことを教えてもらった。猫もそうだし、スタッフさんのことも全部見ていらっしゃるし、通行の方のさばきもすべて風間さんがやっていらっしゃった。この映画は猫がすごいということが大前提ではあるんですけど、尊敬する先輩として今後、風間俊介氏をあげさせていただいてもよろしいでしょうか?」とべた褒め。

松岡茉優
風間俊介と息ぴったりな松岡茉優

 それに対して「ちょっとうわさで聞いたんですけども」と切り出した風間は、「今日の占いに人を褒めるとあなたの運気がアップすると書いてあったからと、裏でおっしゃっていましたよね。それと僕を褒めたのと何か関係ありますか?」と暴露し、会場は大笑い。「でも、朝の情報番組に出ていらっしゃったじゃないですか。それを見た続きで見た占いだったので。朝から風間さんを見て幸せだなという気持ちの中での占いなんで関係ないですよ、先輩!」と言い訳する松岡に対し、「わかった。ひねくれないでストレートに受けとめるわ」と返答する風間。そんな夫婦漫才的なやりとりに会場は大盛り上がりとなった。

 この日は共演のつるの剛士、主題歌を担当したSCANDAL、原作者の杉作、山本透監督も来場。SCANDALに対して「幸せな無防備な時間が居心地いい曲だなと。映画にピッタリ。映画が猫と僕の物語で、ヒロイン的なところをSCANDALさんに担っていただいて」と続けた風間に、「うぉーい!」と食い気味にツッコんだ松岡。「ここにいるじゃないですか、ヒロイン。最高のヒロインって言ってくれたじゃないですか!」と続けて笑いを誘うなど、気心知れた二人ゆえの軽妙なやりとりに会場は笑いに包まれた。(取材・文:壬生智裕)

映画『猫なんかよんでもこない。』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 30日
  5. 風間俊介と松岡茉優の“夫婦漫才”に観客爆笑