シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

岡田准一、撮影中の嘘を謝罪

岡田准一、撮影中の嘘を謝罪
岡田准一と同じ“嘘”をついていた阿部寛

 俳優の岡田准一が4日、都内で行われた映画『エヴェレスト 神々の山嶺』完成披露試写会に阿部寛らと共に出席し、撮影中に嘘をつき続けたことを謝罪した。

 夢枕獏のベストセラー小説「神々の山嶺」を映画化した本作は、山岳カメラマン・深町(岡田)と孤高の天才クライマー・羽生(阿部)が、命懸けで世界最高峰の頂きを目指す姿を描いたスペクタクル超大作。キャスト・スタッフが実際にエヴェレストに上り、標高5,200メートル地点の呼吸さえ困難な場所で、過酷な撮影に挑んだ意欲作だ。

 撮影を振り返った岡田は「どこも危険で苦しかった」と話すが、それ以上に「僕が歩いている後ろに阿部さんや尾野(真千子)さんがいたので、弱っているところを見せられないというプレッシャーがありました」と精神的な苦労を吐露。

 さらに、地上と比べて酸素が2分の1しかないため体調を考慮して血中酸素濃度を毎日測っていたそうだが、「測る前にズルして、呼吸をいっぱい吸ってから……(笑)苦しいのに苦しくないフリをしてました」と衝撃の告白も。普通に測ると70後半くらいの数値を息を吸うことで86まで上げられたそうで、ドクターから「岡田さんタフですね~」と感心されていたと笑いながら打ち明ける。その理由は、「高山病になったら(山から)下ろします」と言われていたからで、「(役の)代わりもいないし、それまでには撮り切らなきゃいけない」という思いが、岡田に嘘をつかせてしまったようだ。

 しかし、嘘をついたのは岡田だけではない。実は阿部も同じことをしていたと判明。阿部は「岡田君が今日90までいったと聞くと、僕は不屈のクライマー役なので後輩に負けられないという意識があって……」と釈明。互いに作品のことを思ってやったズルであることがわかると、岡田は「ここでお詫びをさせていただきます」と神妙な面持ち風で謝罪し、観客を笑わせていた。

 この日は、尾野真千子、佐々木蔵之介、ピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、平山秀幸監督も出席し、和気あいあいとした雰囲気の中で撮影エピソードなどを披露。岡田は「熱い挑戦の大人の映画になっていると思います。ギリギリの挑戦をして撮影した僕たちの熱い思いを感じてください」とアピールした。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』は3月12日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 4日
  5. 岡田准一、撮影中の嘘を謝罪