シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

小栗旬『信長協奏曲』がV2!『あぶない刑事』はシリーズ最高狙う2位スタート!【映画週末興行成績】

小栗旬『信長協奏曲』がV2!『あぶない刑事』はシリーズ最高狙う2位スタート!
『信長協奏曲』が驚異的な成績で1位を維持! 『あぶ刑事』最終章もヒットスタート! - (C) 石井あゆみ/小学館 (C) 2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社

 2月1日、土日2日間(1月30~31日)の全国映画動員ランキングを興行通信社が発表し、『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』が2週連続で1位を獲得した。先週末の動員は46万1,321人、興行収入は6億412万2,100円となり、前週並みの高水準をキープ。累計成績は動員132万9,346人、興収17億3,531万200円と、早くも動員100万人を突破した。

 前作『まだまだあぶない刑事』(2005)から約10年ぶりに制作された舘ひろし、柴田恭兵主演の『さらば あぶない刑事』は初登場2位。252スクリーンで公開され、動員21万7,273人、興収2億9,119万1,700円を記録した。客層は往年のファンとみられる40~50代が中心。主役のタカ&ユージばりにサングラスをかけて来るファンも多く、関連グッズの売り上げも好調だという。配給元の東映では最終興収予想を30億円と発表。1987年に公開された第1作の最終興収(約26億円)の突破にも期待がかかる。

 ジョニー・デップが実在のギャングにふんした『ブラック・スキャンダル』は4位に初登場。265スクリーンで公開され、動員8万6,195人、興収1億1,350万5,000円を記録した。そして5位には竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎ら豪華キャストが出演するホラー映画『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』が初登場ランクイン。221スクリーンで公開され、動員8万2,182人、興収1億1,063万7,600円を記録した。

 公開7週目の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は3位にランクダウンとなったが、前週動員比で96%と好調をキープし、動員15万2,966人、興収2億5,235万1,600円を記録。累計興収は100億円を突破した。また、公開8週目の『orange−オレンジ−』は、累計動員257万2,483人、累計興収30億3,829万1,900円で興収30億円を突破。さらに、先週の19位から11位にジャンプアップした『ガールズ&パンツァー 劇場版』は興収10億円を突破している。

 今週末は『オデッセイ』『不屈の男 アンブロークン』『コードギアス 亡国のアキト/最終章 愛シキモノタチヘ』『新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend3 −夢現−』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2016年1月30~31日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(1)『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』:2週目
2(初)『さらば あぶない刑事』1週目
3(2)『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』:7週目
4(初)『ブラック・スキャンダル』:1週目
5(初)『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』:1週目
6(3)『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』:2週目
7(4)『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』:7週目
8(5)『パディントン』:3週目
9(6)『シーズンズ 2万年の地球旅行』:3週目
10(7)『orange−オレンジ−』:8週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 2日
  5. 小栗旬『信長協奏曲』がV2!『あぶない刑事』はシリーズ最高狙う2位スタート!