シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

メリル・ストリープ「私たちはみんなアフリカ人」【第66回ベルリン国際映画祭】

メリル・ストリープ「私たちはみんなアフリカ人」
第66回ベルリン国際映画祭の審査員会見に出席したメリル・ストリープ - Pascal Le Segretain / Getty Images

 現地時間11日、第66回ベルリン国際映画祭が開幕し、アメリカの女優メリル・ストリープ、ポーランドのマルゴスカ・シュモウスカ監督、ドイツの俳優ラース・アイディンガー、イギリスの批評家ニック・ジェームズ、フランスの写真家ブリジット・ラコンブ、イギリスの俳優クライヴ・オーウェン、イタリアの女優アルバ・ロルヴァケルからなる審査員団が会見を行った。

 アカデミー賞にノミネートされたのが白人ばかりだったことに端を発し、映画界は人種差別的であるという論争が起こっている。今回の審査員も白人が並んだが、審査員長となるメリルは「少なくともこの審査員には女性が入っています」とコメント。

 最近では『サフラジェット(原題) / Suffragette』で女性人権活動家エメリン・パンクハーストを演じたメリルは、続けて「実際のところ、女性がこの審査員団の多くを占めています。これは普通のことではありません」とベルリン映画祭は性別・人種・民族・宗教が入り交じるよう審査員を選ぶ努力をしていると評価し、「結局、わたしたちはみんな、アフリカが起源です。みんなアフリカ人なのです」とも語った。

 この審査員団によりコンペティション部門から選ばれる金熊賞、銀熊賞は、20日に発表される。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)

第66回ベルリン国際映画祭は2月21日まで開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 13日
  5. メリル・ストリープ「私たちはみんなアフリカ人」