シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

超真剣な松田翔太!主演作「ディアスポリス」の特報を自ら撮影

超真剣な松田翔太!主演作「ディアスポリス」の特報を自ら撮影
真剣な顔つきの松田翔太 - (C)リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/「ディアスポリス」製作委員会

 俳優の松田翔太主演で、人気漫画「ディアスポリス−異邦警察−」が4月よりMBS・TBSの“ドラマイムズ”枠にてドラマ化、そして夏には映画化される一大プロジェクトが発表されたが、その際に公開され話題となった特報を撮影していたのはなんと松田だったということがメイキング映像で明らかになった。

 都会の喧騒の中である男が怪しげな建物に入っていく様子を1人称目線で収めたその特報で、実際にカメラを持ち撮影に臨んだのは、主演の松田本人だった。今回新たに公開されたメイキング映像では、真剣な面持ちでカメラを回す松田の顔が印象的だ。

 Perfumeなどのアートディレクションを手掛け、日本だけでなく世界から注目を浴びているクリエイター関和亮が、本作のポスターデザインをはじめ、本編以外の作品全体のアートディレクションを務めており、この特報についても、現場で松田との話し合いの中で構成を深めていったという。メイキングでも細かな流れをチェックする2人の姿が確認できる。また、かなりのこだわりを持って撮影に挑んだ松田は、周りからは直ぐに「OK!」の声が掛かるも、テイク7まで撮り直してようやく撮影終了となったそうだ。

 本作の原作は、2006年から2009年にかけて週刊「モーニング」(講談社)で連載された、漫画家すぎむらしんいちと脚本家リチャード・ウーによるコミック。東京にいる約15万人の密入国外国人。悪い奴もいれば、難民認定を受けられず貧しい生活をしている者も大勢いる。そんな彼らが自分たちを守るために作り上げた秘密組織「異邦都庁(通称:裏都庁)」で働くただ一人の警察官、久保塚早紀の活躍を描いた物語。

 本ドラマは、今春8年目に突入し、「深夜食堂」「闇金ウシジマくん」シリーズをはじめ、多くの話題作を送り出してきたMBS・TBSの深夜ドラマ枠が新たなタイトル“ドラマイズム”と冠してスタートを切る枠の記念すべき第1弾となる。ドラマ版の監督に日本の映画界を担う冨永昌敬監督(『ローリング』)、茂木克仁監督(『モヒカン故郷に帰る』助監督)、真利子哲也監督(『ディストラクション・ベイビーズ』)、熊切和嘉監督(『私の男』)が集結し、熊切監督は映画でもメガホンを取る。(編集部・石神恵美子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 17日
  5. 超真剣な松田翔太!主演作「ディアスポリス」の特報を自ら撮影