シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「X-ファイル」新作、風間杜夫&戸田恵子コンビ復活!13年ぶりアフレコで息ピッタリ!

「X-ファイル」新作、風間杜夫&戸田恵子コンビ復活!13年ぶりアフレコで息ピッタリ!
風間杜夫&戸田恵子、名コンビ復活!

 1990年代に日本でも大ヒットした海外ドラマ「X-ファイル」の新シリーズ「X-ファイル 2016」の公開アフレコが23日に都内で行われ、当時、主人公コンビのフォックス・モルダーとダナ・スカリーの声を務め、新シリーズでも続投することになった風間杜夫と戸田恵子が、約13年ぶりに息の合った演技を披露した。

 新シリーズは、全6話の完全オリジナルストーリー。モルダーとスカリーが外国人拉致被害者事件の容疑者を追うところから物語が始まる。

 実に13年ぶりのコンビ復活、かつシリーズ1作目から約20年という月日に、風間は「最初は初心者で大変苦労しましたが、長い間シリーズを担当するとわたしも声優気取りで。今は余裕もでてきて楽しんでやれるようになりました」とにこやかにコメント。戸田も「映像を観るとすっと入れるというか、心配していたよりもすんなりできたと思います」とスカリーとの再会を嬉しそうに話した。

 また、風間にとっては初めて吹き替えの仕事をしたのが「X-ファイル」だったそうで、「ファンの方から色紙にサインを求められる時に、『モルダー役の』と書いてくれということがありました」と懐かしそうに当時の思い出も紹介。長い間同じキャラクターの声を演じることに、戸田は「(スカリー役の女優ジリアン・アンダーソンは)本作では顔がものすごくシェイプアップされているけど、当時はふくよかになったり痩せていたり、いろいろさま変わりしていく女優さんなんだなと思いながら毎週演じていました」と振り返った。

 さらに、アフレコの苦労について風間は「僕を出しちゃいけないというか、いかに演じている俳優さんの質感や演技のスタイルに合わせていくかには苦労しました」と述懐。戸田も、決められた尺の中で感情を込めて声を合わせる作業に苦労したと言い、「自分でお芝居すると自分の思いで自由にしゃべれるけど、何かに合わせるのが一番難しいです。自分だったらもうちょっとゆっくりしゃべりたいと思う事もありますし」と話していた。(取材・文:中村好伸)

「X-ファイル 2016」は今夏、デジタル配信・ブルーレイ&DVD発売予定


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 23日
  5. 「X-ファイル」新作、風間杜夫&戸田恵子コンビ復活!13年ぶりアフレコで息ピッタリ!