シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

小松菜奈、セクゾン中島健人の“KING帽“に苦笑い

小松菜奈、セクゾン中島健人の“KING帽“に苦笑い
登壇した小松菜奈

 Sexy Zone の中島健人が、共演の小松菜奈、千葉雄大、高月彩良、岸優太(ジャニーズJr.)とともに27日、都内で行われた、映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』初日舞台あいさつに登場し、撮影中の裏話として「ケンティー(中島)が『KING』って書いてある帽子をかぶっていた」と千葉に暴露された中島は、その姿を見た小松に一瞥されたことを明かした。

 大ヒットコミックスを実写化した本作は、周囲から「黒悪魔」と呼ばれて恐れられる超ドS男子・黒崎晴人(中島)と、「白王子」と呼ばれる学園のスターこと白河タクミ(千葉)の間で揺れ動く女子高生・赤羽由宇(小松菜奈)の恋を描く。

 千葉によると、中島は“KING帽子”を「まだ(互いに)打ち解けていないとき、毎日かぶっていた」そうで、「毎日、(中島が)黒い服ばっかり着ているから、俺も(役をイメージして)白い服着ていかないとかなって」と笑いながら明かすと、中島はしゃがみ込み、照れ笑いを浮かべた。後輩の岸も複雑な心境でそのファッションを見守っていたようで、思わず「僕もその場で気になったけど、先輩の趣味に口は出せない」と漏らしていた。

 中島は、「僕、そのときにやってる作品に影響されやすいんです」と言い訳しつつも、「確かにKING帽はかぶっていた」と認め、「帽子をかぶっているときに、横を通りすぎる小松さんの一瞥する姿も確認した。何か感じたなと思いながらも、2人ともすれ違っただけ」と指摘。小松は、「ああ、KINGなんだなって思って」と苦笑いで応じ、会場は爆笑に包まれた。

 一方、中島は「紙コップに、自分のだって分かるように黒崎くんのイラストを描いていたんですが、それをバーチー(千葉)が見て、『俺も描こう』って描いたら、すごい上手いイラストを描いたんです。今まで見せないのに、その現場で僕に歴然たる差をつける」と千葉の意外な特技を明かすと、千葉は「そんなことないよ」と本作さながらの笑顔で答え、会場から歓声を浴びていた。(取材・文:嶋田真己)

映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 27日
  5. 小松菜奈、セクゾン中島健人の“KING帽“に苦笑い